So-net無料ブログ作成

弥勒屋敷(群馬県富岡市) [古城めぐり(群馬)]

IMG_1021.JPG←畑地に残る堀切跡の窪地
 弥勒屋敷は、歴史不詳の城館である。弥勒寺跡であるためこの名が付いている。貫前神社の初期の神主尾崎氏の墓地が屋敷地内の土塁上にあることから、往時は尾崎氏が館を構えており、尾崎氏が衰退移転の後に弥勒寺が建立されたのではないかとの説もある。

 弥勒屋敷は、貫前神社のある独立丘陵の西端部に築かれている。現在屋敷地は一部が宅地に、大半が畑に変貌している。畑地となった平場の中には、3つの堀切跡と思われる窪地が見られる。また東側の堀切の前には、土塁があり、その上には前述の通り尾崎氏の墓地がある。一番東側が弥勒跡とされ、方形の高台となっている。わずかな遺構であるが、貫前神社の歴史を語る上では重要な地であったと推測される。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:https://maps.gsi.go.jp/#16/36.253877/138.854946/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1


信濃をめぐる境目の山城と館 上野編

信濃をめぐる境目の山城と館 上野編

  • 作者: 宮坂武男
  • 出版社/メーカー: 戎光祥出版
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


タグ:居館
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー