So-net無料ブログ作成

大島下城(群馬県富岡市) [古城めぐり(群馬)]

IMG_9671.JPG←主郭西側の土塁跡
 大島下城は、西平城に対して下城と呼ばれ、即ち西平城の里城とされる。城主は国峰城主小幡氏の家臣小間氏と伝えられるが、小間氏の事績は不明である。
 大島下城は、鏑川とその支流の野上川に挟まれた台地上に築かれている。城跡は宅地や畑に変貌しており、遺構の残りは悪い。わずかに主郭と思われる民家の西側に土塁らしき跡が見られ、その南西に堀跡の様な谷筋が残っているだけである。主郭の周囲は堀で囲まれていたと思われるが、堀跡は農道に変貌している。その他は明確な遺構がなく、かなり残念な状況である。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:https://maps.gsi.go.jp/#16/36.241314/138.862488/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1


信濃をめぐる境目の山城と館 上野編

信濃をめぐる境目の山城と館 上野編

  • 作者: 宮坂武男
  • 出版社/メーカー: 戎光祥出版
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


タグ:中世平城
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー