So-net無料ブログ作成

山田高梨居館(長野県高山村) [古城めぐり(長野)]

IMG_6226.JPG←居館跡の果樹園と標柱
 山田高梨居館は、山田城(桝形城)主であった山田高梨氏の居館である。高梨氏は中野小館を本拠とした北信屈指の豪族で、山田高梨氏はその有力な分家である。鎌倉時代から1484年まで駒場に住し、室町後期の館主高梨日向守高朝は、山田城を詰城として大熊・江部を領有していた。1484年、惣領家の高梨政盛は、高野山参詣で高朝不在の山田城を奪取し、高朝は小県郡高梨村に落ち延びたとされる。
 山田高梨居館は、駒場堀之内と呼ばれる地にあったと考えられている。現在は果樹園になっており、明確な遺構は確認できない。南東隅に城趾標柱が立っているだけである。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.688416/138.353555/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1


須坂・中野・飯山の歴史

須坂・中野・飯山の歴史

  • 作者: 酒井 健次
  • 出版社/メーカー: しなのき書房
  • 発売日: 2012/06/03
  • メディア: 単行本


タグ:居館
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー