So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

美濃館(宮城県登米市) [古城めぐり(宮城)]

IMG_1690.JPG←主郭に残る土塁
 美濃館は、小野寺美濃守の居城と伝えられている。一説には、この小野寺氏は登米小野寺氏と称され、保呂羽楯を居城としていたが、葛西氏が保呂羽楯に本拠を移すに当たって保呂羽楯を譲り渡し、美濃館に移住したものとも言われる。しかし葛西氏の歴史と同様、不明点が多く確証はない。

 美濃館は、比高25m程の独立丘陵上に築かれている。一応、市の指定史跡となっているのだが、城址は未整備の上、解説板はおろか標柱もない。近代には丘陵一帯は耕地化されていたが、現在はほとんどが耕作放棄地となっている。そのため耕地化による改変の可能性もある。とりあえず藪の中を丘陵頂部に登ってみたが、主郭と推測される部分に、一応土塁の囲郭があることは確認できた。しかし前述の通り耕作放棄地で、ガサ藪に覆われており、主郭内はある程度歩けるものの遺構は藪でほとんどわからず、途中で踏査断念した。


 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/38.622436/141.281669/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
nice!(4)  コメント(0)