So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

長者山城(茨城県水戸市) [古城めぐり(茨城)]

IMG_3081.JPG←主郭空堀の屈曲部
 長者山城は、歴史不詳の城である。ここには「長者伝説」がある。昔、一盛長者という富豪が居て、後三年の役の際に10万の兵を率いて奥州に向かった源義家は、この地で長者から豪勢なもてなしを受けた。奥州平定後、再びこの地で前に劣らぬ接待を受けた義家は、このような富豪は後日の煩いになると考え、急襲して長者を滅ぼした、というものである。一盛長者は、源頼信の5男、常葉五郎義政のことであったと言う。一方、時代が下って戦国後期の天正年間(1573~92年)には、この屋敷に春秋駿河守や小曾沼権之助などと言う武士が住んでいたとも言われるが、確証はない。

 長者山城は、田野川南岸にそびえる比高30m程の河岸段丘辺縁部に築かれた城である。その選地は、前小屋城石塚城と共通しており、縄張りにも類似性が見られる。北から順に主郭・二ノ郭・三ノ郭を連ねた連郭式で、現在は宅地化・耕地化で改変されているが、一部の遺構が良く残っている。主郭の周囲には土塁と空堀が残り、南中央には土橋が架かり、空堀は南東部では横矢掛かりのクランクを設けている。空堀の東端は、主郭・二ノ郭東側の斜面に構築された横堀に接続している。この横堀は、主郭空堀との合流点東側に竪堀状の虎口を設け、側方には櫓台を築いている。二ノ郭・三ノ郭はかなり改変され、西側半分は近年ソーラー発電所になってしまっているが、二ノ郭北辺の土塁は健在で、西側の土塁も部分的に残存している。外周の空堀は残念ながら埋められてしまっている。三ノ郭は、入口に「一盛長者伝説地」の石碑が建っている以外は湮滅が進み、二ノ郭との間の空堀も既にわからなくなっているが、南東角部から東面にかけて、車道脇に腰曲輪と横堀が残っている。この車道も往時の空堀跡であろう。前述の通り、佐竹一族の城との類似性が見られる一方、この付近は江戸氏の勢力圏であったと考えられるので、今後の考究が望まれる。
主郭東斜面の横堀→IMG_3126.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.412243/140.433555/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
タグ:中世崖端城
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

相変わらず、ダメダメな日本のマスコミ ~希望の党報道から、 ・・・などなど [雑感]

間近に迫った衆議院選挙だが、希望の党に関する報道がアホすぎて、
本当に日本のマスコミ腐ってるな、と思う。

希望の党は、アベが打ち出した解散で、慌てて立党したものの、
所詮は政治経験のない素人集団。
誰がそんな連中に政権を委ねようと考えるものか。
連中よりもよっぽど政治経験が豊富な民主党でさえ、
政権を担っていた時はあの体たらくだった。

それなのに、民進の連中が急遽希望への合流を決めたことで、
政権選択選挙だとか、勝手にマスコミが話を作って煽っていた。
マスコミが国民をバカにするのも、いい加減にしてほしい。

しかし小池百合子の思想は、相当右に寄っていて、アベ自民と大差ない。
その証拠に、近代国家存立の最も大事な原理原則である立憲主義など眼中になく、
違憲の集団的自衛権をそのまま認め、憲法改正もすると言っている。
更には選挙後のアベ自民との連立の可能性まで仄めかしている。

リベラル思想とは全くかけ離れていて、
リベラル派の民意の受け皿に成り得ないのは、最初からわかっていたことだ。

それなのに、マスコミは勝手に政権選択だとか言って空騒ぎ。
で、枝野さんたちリベラル派が保守補完勢力への合流を拒否し、
立憲民主党を結党してくれたおかげで、
リベラル派の民意の受け皿が明確になると、
今度は小池百合子の政治生命の危機とか言って、こき下ろしている。

良識ある民意を無視し、マスコミが勝手に持ち上げて、
そのあと手のひらを返したように勝手にこき下ろしている。
もう少しまともな報道ができないのだろうか。
話を面白おかしく書いて、新聞とかが売れて金儲けできればそれでいい、
と言う日本のマスコミの無責任姿勢がよく分かる。
それは、ジャーナリズムという名に程遠い。


それより前原、よくやってくれた!よく民進党を割ってくれた!
元々民進党(民主党)は保守派とリベラル派が共存していて、内部の意見対立が酷く、
政策がどっち付かずで非常に曖昧、どっちを向いて政策を進めようとしているのか
甚だ不明瞭だった。

私は元々、民進党の保守派なんか、党を割って維新とくっつくかなんかして、
自公の補完勢力に成り下がればいい、
そうすれば保守票(保守だけどアベ嫌いの票)が割れて、
リベラル票の浮上の機会もできると考えていた。

期せずして前原が希望の党合流を打ち出し、
小池・細野らがリベラル排除路線を突き進んでくれたおかげで、
立憲民主党ができ、民進リベラル勢力の純化が成った。
おかげで、どの党が何をしようと考えているか、ものすごくわかりやすくなった。

今、これ程、立憲民主の人気が高いのも、アベ嫌いの国民が相当いることの証左だろう。
最近、各種検索エンジンのポータルサイトを見ると、
見たくもない、アベの顔が大写しで出てきて、心の中で「アベ死ねっ!」と言って、
速攻、画面から消し去っているのだが、同じ思いの人が多いのではないだろうか。

ただ誤算だったのは、「希望」の凋落が早すぎて、
保守票を割るほどの勢力にならなかったことだ。
これではアベの思うツボだ。
「希望」はもっと頑張って、自民票を取り込んでくれないと。


それにしても立憲民主結党であおりを食ったのが共産党。
共産党も、とっとと共産主義なんて時代遅れの党是を捨てればいいのに。

マルクスが提唱し、レーニンが始めた、人類の歴史上の壮大な実験であった共産主義が、
結局、盟主ソ連の解体と東欧共産諸国の崩壊に帰結し、失敗に終わっているのだから、
今さら共産主義を標榜しても共感は得られない。
殊に、日本人には根強い共産主義アレルギーがあるから(私もそうだが)、
いつまでも共産党という名を振りかざしていたら、民意は集められない。

早く共産主義の党是を捨て、国民福祉党とかに名前を変えれば、
それだけで得票数が倍になるのではないだろうか。


最近は政治家の言葉が軽くて無責任でイヤになってくるが、
票が集まると思って、政治思想無視で希望の党に鞍替えした民進党の連中は、
選挙が終わって希望の党惨敗に終わると、立憲民主党にまた鞍替えしようとするんだろうなー。

まるで太平記で、烏合の武士が自軍の形勢が悪いと見ると、
足利方から新田方へ、または新田方から足利方へ、臆面もなく鞍替えするのを見ているようだ。
これほど無節操な連中は、早く政治の表舞台から消えてほしい。
何のために政治家になったのか、原点を見失っているのだろう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感