So-net無料ブログ作成

第六天の森の墓[伝・阿野全成墓](栃木県益子町) [その他の史跡巡り]

IMG_8756.JPG←祠と2基の五輪塔
 宇都宮氏歴代の墓所から北西に900m程の段丘先端部に、第六天の森の墓というものがある。これは、源頼朝の異母弟、阿野全成とその従者の墓と伝えられている。全成の事績については、阿野館の項に記載する。1203年、全成は2代将軍頼家の命により謀反の咎で幕府に捕らえられ、常陸国に配流となり、下野国で誅殺された。全成が殺されたのが、この第六天の森であったとの言い伝えがある。
 第六天の森は、南の車道から農地の脇の小道を通って行くことができる。小さな森の入口に「大六天の森」と書かれた看板が立ち、その奥に祠と2基の小さな五輪塔が並んでいる。地元だけに伝わるささやかな伝承であるが、頼朝死後に相次いだ権力抗争の中で、非業の死を遂げた貴種の墓としては、このように人知れず静かに祀られている方が幸せなのかもしれない。
第六天の森→IMG_8754.JPG

 場所:https://maps.gsi.go.jp/#16/36.456912/140.130014/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0


源頼朝 (中世武士選書38)

源頼朝 (中世武士選書38)

  • 作者: 菱沼一憲
  • 出版社/メーカー: 戎光祥出版
  • 発売日: 2017/07/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


タグ:墓所
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント