So-net無料ブログ作成

平林城(長野県長野市) [古城めぐり(長野)]

IMG_0604.JPG←城址の石碑と堀跡?の水路
 平林城は、歴史不詳の城である。永禄年間(1558~69年)に武田氏の重臣原美濃守の居城であったと言われるが、詳細は不明。近くの宝樹院には城主奥方の位牌が安置されているらしい。
 平林城は、現在城跡の大半がJR東日本長野総合車両センターの敷地となり、残りの部分も市街化で遺構は完全に湮滅している。わずかに堀跡の名残と思われる水路が、南辺に流れているだけである。昭和20年代前半の航空写真を見ると、周囲を堀で囲まれ、東西に長方形の2郭を並べた縄張りだったらしい。現在は城址南東角に石碑が立っているだけである。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:https://maps.gsi.go.jp/#16/36.654872/138.211817/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f0


戦国大名武田氏の戦争と内政 (星海社新書)

戦国大名武田氏の戦争と内政 (星海社新書)

  • 作者: 鈴木 将典
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/07/26
  • メディア: 新書


タグ:中世平城
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント