So-net無料ブログ作成

ヌオーヴォ城(イタリア/ナポリ) [ヨーロッパの城郭]

IMG_7634.JPG
 ヌオーヴォ城[Castel Nuovo (Ita.)]は、1279年から3年の歳月をかけてアンジュー家のシャルル・ダンジュー(シチリア王カルロ1世)によって築かれた。城の名は直訳すると「新城」で、これはサンタルチア港の小島に築かれたカステル・デッローヴォ(卵城)[Castel dell'Ovo (Ita.)]に対して新しい城という意味である。1443年、アラゴン王家のアルフォンソ5世がナポリを攻略してヌオーヴォ城に入城し、ナポリ王となった。アラゴン家支配時代にヌオーヴォ城は大改修を受けた。その後、スペイン統治・オーストリア統治・ブルボン朝統治・ナポレオン統治を受けた。こうして1815年までナポリ王の居城として続いた。
 ヌオーヴォ城は、港湾都市ナポリの玄関口にそびえている。幾多の戦いを繰り広げた城であるため、北面の城壁には砲弾(投石?)が当たった跡も残る。外郭や稜堡式の塁線はなく、複数の円形の塔を組み合わせた、ヨーロッパ中世の城の形態を留めている。
砲弾の跡の残る北側城壁→IMG_7623.JPG

 場所:https://goo.gl/maps/1EyaugUUtV82


まっぷる イタリア'19 (マップルマガジン 海外)

まっぷる イタリア'19 (マップルマガジン 海外)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2018/01/11
  • メディア: ムック


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント