So-net無料ブログ作成

高梨氏発祥地(長野県須坂市) [古城めぐり(長野)]

IMG_6237.JPG←関山国師生誕地の石碑
 高梨氏発祥地は、関山国師伝承地ともされ、高梨氏の初期の居館があったとされている。平安時代末期に初代盛光以来、信濃高井源氏高梨氏の発祥地とされ、この地で14代続いた高梨氏は後に松川北の都住(つすみ)、更に中野小館に本拠を移した。一方、高梨氏の出身である関山国師は、南北朝の初め頃に花園上皇に召されて美濃伊深の陰棲地を出て京都に妙心寺を開創したと言う。
 高梨氏発祥地は、『信濃の山城と館8』では高梨氏館として記載されている。千曲川の東岸、現在の国道406号線のすぐ南に、「関山国師生誕地」という大きな石碑が建っている。遺構は全く無いので、石碑と解説板以外は望むべくもない。

 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.657041/138.280385/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1


須坂・中野・飯山の歴史

須坂・中野・飯山の歴史

  • 作者: 酒井 健次
  • 出版社/メーカー: しなのき書房
  • 発売日: 2012/06/03
  • メディア: 単行本


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント