So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

乗附城(群馬県高崎市) [古城めぐり(群馬)]

IMG_7443.JPG←Ⅰ郭背後の堀切
 乗附城は、寺尾上城とも言い、戦国時代には乗附治部左衛門・乗附囚獄ら乗附氏の城であったと言われている。乗附氏の事績については不明。尚この城にも寺尾中城と同様、尹良(ゆきよし)親王の伝承があるが、尹良親王の実在自体が疑わしいので、史実とは見做し難い。

 乗附城は、標高211m、比高90m程の山稜上に築かれている。城へは、国立のぞみの園という障害者施設の職員宿舎の近くから山道が付いており(1/25000地形図にある黒線の道)、この道を辿れば城の南西の尾根まで行くことができる。尾根上に堀切を介して曲輪群を連ねた連郭式の縄張りで、南西から順にⅣ郭・Ⅲ郭・Ⅱ郭・Ⅰ郭・Ⅴ郭・Ⅵ郭・Ⅶ郭とここでは仮称する。ちなみに『日本城郭大系』の縄張図ではⅢ郭を本丸としているが、これは間違いである。堀切は、Ⅰ郭背後のものは中規模で深く鋭いが、それ以外はいずれも浅く大した防御効果を持っていない。主郭前面だけ二重堀切になっているが、これもかなり浅い。また曲輪の規模もいずれも小さく、城中最大のⅢ郭でも大した広さではない。Ⅱ郭は2段の平場に分かれ、Ⅰ郭だけは前後に小郭を置いて護りを厳重にしている。またⅢ郭・Ⅱ郭・Ⅴ郭の北側斜面には腰曲輪が数段置かれ、堀切から落ちる竪堀は腰曲輪に通じる通路を兼ねている。特にⅠ郭前の二重堀切では、内堀はそのまま竪堀となって落ちているが、外堀は竪堀ではなく武者走りに変化して腰曲輪への連絡通路となる珍しい形状を採っている。またⅢ郭・Ⅱ郭では南斜面にも2段の腰曲輪が築かれている。この他、Ⅰ郭の北支尾根には段曲輪群が築かれており、曲輪群の付け根に堀切、その手前には土壇が構築され、下の方の段曲輪では両翼が突出して下の曲輪に対して相横矢を掛けるなど、主城部よりも普請がしっかりされ、新しい構造の様に見受けられる。乗附城は、城の規模・構造から考えて詰城には相違ないが、在地土豪の城が戦国期により強化された痕跡を見せている様だ。
Ⅰ郭手前の二重堀切→IMG_7512.JPG
IMG_7471.JPG←北支尾根の段曲輪群

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.318989/138.968768/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1


関東・甲信越 戦国の名城・古城 歩いて巡るベスト100

関東・甲信越 戦国の名城・古城 歩いて巡るベスト100

  • 作者: 清水 克悦
  • 出版社/メーカー: メイツ出版
  • 発売日: 2012/10/15
  • メディア: 単行本


タグ:中世山城
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント