So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

片岡館(茨城県石岡市) [古城めぐり(茨城)]

IMG_6404.JPG←主郭東側の空堀
 片岡館は、歴史不詳の城である。伝承では八代将監という武士の居館であったと言われているようだが、その事績は不明である。
 片岡館は、東筑波カントリークラブというゴルフ場の北側に突き出た、比高10mに満たない台地上に築かれている。現在は北端の主郭のみ残っているが、往時は南に外郭があったらしい。外郭はゴルフ場建設で失われている。主郭は、外周を土塁で囲繞しているが、一部土塁が切れている部分が散見される。土塁はほとんどが1m程の高さしかないが、背後の土塁は2m程で他より高くなっている。主郭の南には車道が通っており、明らかに外郭との間の堀切の跡であるが、幅などは改変されていると思われる。また主郭の東側と西側には、この手の小城砦にしては大きな空堀が穿たれている。最大で7m程の深さがありそうだが、藪が酷く確認が大変である。空堀の外側には土塁が廻らされている。主郭部分だけとは言え、遺構はよく残っているが、城内は全体に藪が多いのが難である。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.244870/140.214450/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f0


東アジアの中世城郭: 女真の山城と平城 (城を極める)

東アジアの中世城郭: 女真の山城と平城 (城を極める)

  • 作者: 臼杵 勲
  • 出版社/メーカー: 吉川弘文館
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: 単行本


タグ:中世崖端城
nice!(6)  コメント(2) 

nice! 6

コメント 2

P

こんばんは。Pであります。

あおれんじゃあさんと訪城した約10年前、城内は藪が払われ綺麗になっていましたが、それを最後に放置されてしまったようですね。
皮肉にも、手つかずと思われる東側空堀が一番藪が少ないように見えます。
やはり何事も大変なのは、状態を維持することですね。
by P (2018-05-03 22:56) 

アテンザ23Z

>Pさん
大変ご無沙汰しております。
藪を全面伐採するのではなく、
高木を残して下草刈りと間伐で済ませてくれれば、
日当たりが加減されて、大藪に埋もれてしまうことがないのですが・・・。
せめて市の史跡に指定して、少しばかりの整備をして欲しいところです。
by アテンザ23Z (2018-05-04 23:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント