So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

続谷城(栃木県市貝町) [古城めぐり(栃木)]

IMG_1732.JPG←二ノ郭跡の高台
 続谷城は、歴史不詳の城である。伝承では、永禄年間(1558~69年)か文亀年間(1501~03年)に承舎六郎という武士により築かれたと言われ、千本城の支城として機能したとされる。

 続谷城は、妙薫寺西側に隣接する高台にあったとされている。「されている」というのは、城址付近がただの高台で、背後の山上には古墳があるぐらいで明確な遺構は確認できないからである。北西に張り出した尾根にだけ、何故か掘切が見られるが、何をどう防御する為に穿ったものだかもよくわからない。とにかく高台の上は平らな平場が広がっており、これが城址ということだろうか?畑になったり、宅地がキワまで来たりと改変の可能性も考えられる。城址標識があるので間違ないはずだが、あまりに城っぽくなく、非常に消化不良に陥る城である。その後、栃木県立博物館で開催された『中世宇都宮氏』に連携した市貝町の企画展の資料を見る機会があったが、それによれば高台は北から順に三ノ郭・主郭・二ノ郭とされている様である。いずれにしても普通の城とはかなり趣を異にしている。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.594848/140.123942/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント