So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平瀬北城(長野県安曇野市) [古城めぐり(長野)]

IMG_5606.JPG←上部曲輪群の横堀
 平瀬北城は、平瀬城の北の出城である。平瀬城の項に記載した通り、中央の尾根に平瀬城の本城があり、その南北に張り出した尾根に北城・南城の出城が築かれており、この左右両翼の出城によって本城の防御力を高めた、3城一体の城であったと考えられる。

 平瀬北城は、大きく2つのブロックに分かれて築かれている。主城部は標高730mのピークに築かれており、一方東に上る尾根上にも曲輪群が設けられている。この城へ行くには、東の豊科カントリークラブ脇の町道からアクセスするのが、最も楽で手っ取り早い。このルートで最初に現れるのが、上方の曲輪群である。平瀬本城に繋がる南斜面に、馬場のような緩斜面の平場が数段広がり、南西部を大きな横堀で防御している。この横堀は下方で二重横堀に変化している。この上方の曲輪群から西の尾根を辿ると、堀切状の通路や多重枡形の遺構が現れる。多重枡形の下に両側を土塁で防御した曲輪が広がっている。その先はしばらく細尾根となり、小掘切が穿たれている。出城主城部は、ピーク上に主郭を置き、背後に堀切と尾根小郭の下に二ノ郭を置いている。主郭の前面にも堀切や小郭群が築かれている。
 遺構を見ると、平瀬北城の構造は2つのブロックで大きく異なっており、主城部は小規模な出城そのもの。一方で上部曲輪群は複雑な多重枡形や大きな横堀を有した、大名系城郭の造りとなっている。元々出城の小城砦があったところに、平瀬城を攻略した武田氏が平瀬本城の背後を警戒する曲輪群を拡張したもののように思える。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.289964/137.947812/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
タグ:中世山城
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント