So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

上小堀城(千葉県香取市) [古城めぐり(千葉)]

IMG_6992.JPG←二重横堀の内堀
 上小堀城は、歴史不詳の城である。『東国古戦記』では、この城の城主として増田左衛門・同玄蕃・同勘解由の名が見えるが明確ではない。小見川城の西方わずか1.7kmの位置にあることから、小見川城主粟飯原氏の支城であったと推測されている。

 上小堀城は、単郭の比較的小規模な城である。台地の縁に築かれており、北から西にかけてを二重の横堀で囲み、南から東にかけては一重の横堀で囲んでいる。ややひしゃげた菱形状の主郭は、北側部分のみに土塁が築かれ、北東部に空堀に対する僅かな横矢が掛けられている。横矢の空堀の外側下方には外堀と繋がった腰曲輪が築かれている。一方二重横堀の北側の一部だけ、その外にもう一つ三重目の堀が見られ、竪堀状の溝がここから分岐しているが、竪堀はどうも後世の改変の可能性も考えられ、遺構かどうか検討の余地がある。主郭内はかつては農地だったらしいので、台地基部もやや改変され、二重横堀の外側は山道となり、主郭北端からはこの山道に降りる道が付けられて改変されるなど、改変されている部分も多い。また全体に藪が多いので遺構も見栄えがしない。遺構は比較的よく残っているが、小規模でもあり、やや残念な感じである。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=35.858005,140.575004&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント