So-net無料ブログ作成

稲荷台砦(千葉県佐倉市) [古城めぐり(千葉)]

DSC08640.JPG←砦跡付近の稲荷台公園
 稲荷台砦は、臼井城周辺城砦群の一つである。臼井城は、戦国時代には千葉氏の重臣で半ば独立領主化していた原氏の居城となり、この地域の重要拠点であった為、何度も攻防の舞台となった。その為、城の築かれた台地の要所に幾つもの砦が築かれ、防御を固めていたと見られる。稲荷台砦は臼井田宿内砦が築かれた台地の南東端に築かれており、一説には臼井城攻防戦の際の付城とも言われるが、宿内砦の至近に位置することから考えれば、台地南端に築かれた出城と考えた方が自然であろう。
 稲荷台砦は、現在は宅地化の中で完全に湮滅し、地形すらほとんど往時の姿を残していない。1960年頃の航空写真を見ると、京成線の西側に土塁で囲まれた台地が確認でき、それが砦跡だったと思われるが、その地形は今では消え失せている。わずかに稲荷台公園の付近が急峻な斜面に囲まれた高台になっており、往時の名残を留めている様だ。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/35.731754/140.180695/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント