So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

青色LEDで思う日本の行く末 [雑感]

今日は久しぶりに、世の中の話題。
今週のビッグニュースとして、青色LEDを開発した中村氏(現カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校教授)が、遂にノーベル賞に輝いた!

もう10年以上も前からノーベル賞候補に名を連ねていた方なので、受賞は時間の問題だったが、ようやくの受賞である。

テレビのニュースでは、「何を今さら・・・」という感じで、青色LEDを開発した功績とそれによって実現された様々な製品を取り上げているが、元々科学少年で、中学・高校の頃はブルーバックスや科学雑誌ニュートンが愛読書だった私からすれば、世間があまりにその功績を知らなさすぎることに、返って愕然とする思いだった。
何しろ、かつては「夢の」という形容詞が付くような、実現困難だった青色LEDである。これができれば、従来の赤・緑と共に光の三原色が揃い、途方も無い程の実現可能性を秘めている、まさに夢のLEDだった。だからこそ、国内の一流企業は皆、莫大な予算と膨大な人員を投入して開発競争を繰り広げていたのである。それがある時、四国徳島の名も知らないような企業が開発したというニュースが、突然新聞に載ったのである。
その時の驚きと感心は、今でも忘れられない。とうとうやったか、これで新たな地平が開ける、と言う予感である。

その後の青色LEDの快進撃は、論を待たない。大型ディスプレイ、テレビ、スマホ、タブレット、PCはもとより、信号機、果ては照明、BDまで、その可能性は今後も広がり続けるだろう。

それを開発した孤高の開発者、中村修二氏は、在社していた日亜化学とは関係がものすごくこじれていた。そりゃ、当然である。日亜化学は、その巨大すぎる功績に、ほとんど全くと言ってよいほど報いていなかったからだ。青色LEDを発表した後の中村さんが、海外の研究者達から「スレイブ・ナカムラ」(奴隷・中村)と呼ばれていたのは、知る人ぞ知る有名な話であった。今だったら速攻で役員待遇だろうに。結局この関係は、こじれにこじれて裁判闘争となり、結局中村さんは日本の後退性に嫌気が差して、アメリカに渡ってしまった。これは取りも直さず、日本の科学界にとって重大な損失であり、中村さんを国内に引き留めることができなかった日本の科学界の魅力のなさ、敗北でもあった。だからこそ、そんな日本と日亜化学に憤懣やるかたない中村さんには、一日も早くノーベル賞を受賞してもらいたいと、私は念願していたのである。

で、本日の本題。世の知識人の間では悪名高い低脳安倍政権の、政策についてである。今回の中村さんの様に、莫大な利益をもたらすような偉大な発明の特許を、何と最初から会社が発明者から取り上げて、好き勝手にできるようにするんだと。

バカか、この政権は。秘密保護法の強行、集団的自衛権でのなし崩し憲法解釈拡大、後先考えない原発再稼働、死の商人の暗躍支援(兵器産業の海外拡販)ときて、今度は特許法改悪かい?しかも言うことがこれ以上はないぐらい馬鹿げてる。「産業競争力を強化する狙いから、従来の仕組みを見直す」のだそうだ。こんなの正に「技術者奴隷化法」。こんなことしたら、優秀な人材ほど海外に出て行くだけじゃないか。まるで、リストラばかりやってまともな技術者が残っていない、一人負けのS社の様に。他では通用しないカス技術者ばかりになったら、どうやって日本の「産業競争力を強化」できるんだ?

結局、安倍政権とそれに寄りかかってる安倍自民ってのは、経済界のお偉いさん達が喜ぶことだけやって、自分たちの利権と私腹を肥やすことしか頭にないんだな。こんな3流政治屋が牛耳っているこの国に、もはや明るい未来は望むべくもない。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 2

evergreen

加えて、移民政策はとらないが、海外の優秀な人材を活用したいと言っていますが、都合がよすぎますね。

ISPの山中教授は日米を頻繁に行き来して研究を続けていますが、
待遇・資金・設備・人材それも米に遠く及ばない、
日本で研究をすること自体がハンデになっているといえます。

海外、特に途上国の人材が日本で学んで研究してノーベル賞をとるような国になった時に、本当の技術立国となるのだと思います。
彼らが日本国籍をとってくれたとしても、
自国に戻って自国の発展に寄与したとしても、
それこそ日本の誉れだと思います。
by evergreen (2014-10-12 01:34) 

アテンザ23Z

>evergreenさん
まさしくその通りだと思います。途上国の人達が、「金」や「保有技術」ではなく、日本の「研究開発の風土」に惹かれてやってくるようになった時、それが真の技術大国なのだと、私も思います。
今の日本は、過去の遺産にしがみついているだけになっていますね。
by アテンザ23Z (2014-10-12 22:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント