So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

老袋城(埼玉県川越市) [古城めぐり(埼玉)]

DSC07793.JPG←城址推定地付近の現況
 老袋城は、歴史不詳の城である。『新編武蔵風土記稿』によれば、戦国時代に道祖土下総守が、小田原の北条氏康から康の一字を賜って康成と名乗り、老袋城に住んだとされているが、明証はない。その他、河越夜戦の際に、古河公方足利晴氏がこの付近に陣を構えたとされており、老袋城の地が「御所」とも呼ばれることから、晴氏の陣所があったという見解も出されている様だ。
 老袋城は、荒川と入間川の合流点から1.5km程上流の入間川西岸の地にあったと考えられている。推定地は、氷川神社付近とされているが、明確な遺構は確認できない。神社東の民家一帯は微高地となっており、遠目に見ると城跡っぽくは見える。HP「そこに城があるから」の聞き取り調査ではもう少し北にあった可能性も指摘されており、城址位置も確定はしていない謎の城である。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/35.929041/139.533094/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
タグ:中世平城
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント