So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平井山本陣(兵庫県三木市) [古城めぐり(兵庫)]

DSC02763.JPG←本陣を囲む土塁
 平井山本陣は、史上有名な羽柴秀吉の兵糧攻め「三木の干殺し」の際に、三木城を取り囲む羽柴軍諸陣営を統括する本陣として、秀吉が在陣した場所である。諸陣営を一望できる最高所に当たり、ここで秀吉は1年8ヶ月にわたる長期包囲戦を指揮し(但し、常に在陣したわけではない)、病身を押して在陣した名参謀竹中半兵衛はこの地で没したのである。また主君織田信長から茶会を許可された秀吉が、初めて茶会を催した場所でもある。
 平井山本陣は、近くまで道が伸びているので、容易に訪城できる。車道から標識に従って山道を数分登ると、頂部にはわずかな土塁で囲まれた10m四方程度の小さな空間があった。本陣と言うにはあまりに小さく、ちょっと拍子抜けした。陣所と言うよりは、陣営を総覧する物見台だったのかもしれない。周囲には平場があると思われるが、天候が悪く時間もなかったので、探索は断念した。よく見て回れば、藪の中にもっと遺構があるかもしれない。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/34.811751/135.016115/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント