So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

勝蔵館(福島県只見町) [古城めぐり(福島)]

DSC02258.JPG←虎口の堀と土塁
 勝蔵館は、天正年間(1573~92年)に荒井舎人の居城と伝わっている。しかしその人物も含めて、歴史は不明である。
 勝蔵館は、勝蔵山の北東麓の比高40m程の段丘上に築かれている。急斜面の上の要害地形で、館内は緩い傾斜の平坦地となっている。極めて特異な構造の城館で、この平坦地の北端と東端に各々100m2程の大きな枡形虎口・食違い虎口が形成されていて、土塁と横掘をL字型や食い違いに配置しており、虎口だけで構成された様な居館である。断崖に面した塁線は一直線ではなく一部が突き出ており、横矢を掛けていた様である。虎口遺構は見事だが、藪が多く、遺構の確認はなかなか大変である。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/37.304645/139.348515/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1
タグ:居館
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント