So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

松根城(石川県金沢市) [古城めぐり(石川)]

IMG_6734.JPG←三ノ丸先端の大堀切
(2005年1月訪城)
 松根城は、加越(加賀・越中)国境に位置する山城である。元々は南北朝時代の1369年、越中を本拠として室町幕府に抗した桃井直常の子桃井直和がこの地に陣し、幕府方の吉見左馬助らが攻略したと言われる。また文明年間(1469~87年)には、一向一揆の首領の一人、洲崎兵庫(慶覚)が陣を敷き、その後戦国時代にかけて、一向衆が本格的な城郭に改修したと考えられる。戦国末期には織田信長の勢力がこの地を圧し、松根城も織田氏の属城となった。信長の本能寺での横死後、後継者の地位をめぐって羽柴秀吉と織田家重臣の柴田勝家が対立し、秀吉は賤ヶ岳で勝家を破り、北の庄城に攻め滅ぼして、信長の後継者の地位を固めた。同じく織田家家臣であった越中富山城主佐々成政は、秀吉に敵対し、秀吉方に付いた加賀能登を領する金沢城主前田利家との間に軍事的緊張が高まると、両陣営は加越国境に多くの城を築いて対峙した。1584年、佐々成政は大軍を率いて能登に侵攻し、要衝の末森城を攻囲した。この時成政は、家臣の杉山隆重を松根城に置いて守らせた。佐々勢は末森合戦で攻めきれず、越中に撤退すると、前田利家は重臣村井長頼に松根城・朝日山城を攻撃させ、松根城は攻め落とされた。翌年、秀吉自ら越中に大軍を率いて佐々討伐を行うと、成政は降伏した。越中は前田利家に与えられ、戦略的価値を失った松根城は廃城になったと思われる。

 松根城は、小田原北条氏が箱根周辺に築いた城と同様に、松根峠を越える小原道という街道を城内に取り込んだ城である。その目的は明瞭で、成政が加賀能登に侵攻するための街道を防衛し、かつ兵站線と万一の時の退路の確保を目的としたものであったろう。縄張りも戦国最末期の山城に相応しく技巧的で、各所の動線は屈曲し、大手虎口は二重枡形となり、曲輪外周に横堀を構えて防御している。そして要所を堀切で分断している。城としてはそれほど大きなものではなく、峠の守りを固める陣城的なものに近かったようだ。馬場曲輪まで車で行けるので、訪城は厳冬期でない限り楽である。
外周を固める横堀→IMG_6713.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.616217/136.783422/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1
タグ:中世山城
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント