So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

秋月城(徳島県阿波市) [古城めぐり(徳島)]

DSC00840.JPG←主郭跡とされる三宝荒神社
 秋月城は、南北朝時代に四国管領として四国諸豪に号令した細川氏の拠点である。細川氏は足利氏の庶流で、足利尊氏に従って各地の戦いで大功を挙げ、室町将軍3代義満の時には、三管領家の一つにまで列せられた。その事跡については、細川頼春墓所の項に記載する。

 細川氏が四国に地歩を記す端緒となったのは、1336年の「室泊の軍議」である。尊氏が京都や兵庫で新田義貞らの朝廷軍に大敗し九州に落ち延びる際、室の津で今後の行方を左右する重要な軍議が開かれた。それが室泊の軍議である。この軍議で、多くの一族武将を西国各地に派遣して来るべき新田勢侵攻の防衛に当たらせることにしたが、その際に細川一族は四国各地に派遣されて、四国の豪族と協力して瀬戸内海防衛の任に当たった。この時、細川阿波守和氏・頼春らは、阿波に入国して土豪の秋月氏に迎えられて秋月に居館を構え、四国全域に号令し、四国管領として大きな勢力を誇った。以後、1363年に阿波細川氏3代詮春が居館を勝瑞城に移すまでのわずか27年間であるが、秋月城は阿波守護・四国管領の居城として、四国の中心であった。細川氏が勝瑞城に移ってからは、秋月中司大輔が秋月城を守ったと伝えられている。その後の歴史は定かではないが、戦国末期の1579年、阿波に侵攻した長宗我部軍によって落城したと言う。

 秋月城は、県道139号線沿いにあり、現在は畑や墓地・民家などになっている。県道の北側に一段高くなっている場所に秋月城の石碑が立ち、中の墓地には「秋月城主及び戦没将士の墓」が建っている。ここの周囲は明らかに堀跡を思わせる低い水田になっており、城郭遺構の一部であることは間違いないが、ここは主郭ではなく的場跡であるらしい。実はこの時、地元の老婦人が通りかかり話を伺ったところ、この墓地の所有者であるとのこと。ということは、秋月氏の後裔に嫁がれた方であろうか。この老婦人の話では、碑が建っているのは的場跡で、城跡はここから南東に200m程離れた三宝荒神社の辺であるとのことである。この神社も周囲よりは1m程高い場所に建っているが、明確な遺構は見当たらない。

 一方、三宝荒神社から北に600m程の山上には、かつて望楼があったとされる高丸と言う場所がある。現在、「秋月城下守之址」という石碑が建っているが、特に遺構らしいものは見られない。その他では、足利尊氏・直義兄弟が元弘以来の戦没者の霊を弔う為に全国に建てた安国寺跡や、安国寺経蔵跡などの碑が城址周辺に建てられており、秋月城と共に一時ではあるが中世文化が花開いたことを窺わせている。

 かつての一時期、四国の中心であった秋月城は、遥か時の彼方に消えてしまったようである。
的場跡→DSC00835.JPG
DSC00847.JPG←高丸跡

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E134.19.2.5N34.5.48.3&ZM=9
     (主郭)
     http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E134.18.53.8N34.5.52.4&ZM=9
     (的場跡)
     http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E134.19.0.1N34.6.5.8&ZM=9
     (高丸跡)

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。