So-net無料ブログ作成

大野城(千葉県市川市) [古城めぐり(千葉)]

DSC00127.JPG←城跡周辺の急斜面
 大野城は、曽谷城の東北東2.5km程の台地上に築かれた崖端城である。その歴史は不詳であり、伝承では平将門が天慶の乱の際に築いた城で、乱後も将門配下の将兵によって開墾された土地であるというが、発掘調査の結果からは否定的に見られているという。一説では、日蓮に帰依した太田乗明一族の城であったとも、同じく日蓮に帰依した曽谷教信に関連した曽谷氏の城郭ではないかとも言われている。室町時代には、享徳の乱の中で千葉氏の重臣原氏の一族がこの地に入部し、大野城を居城としたと言われている。その為この系統は、大野原氏と称される。しかし大野原氏も後に本佐倉城の千葉宗家に近侍してこの地を離れ、その後は小金城主高城氏がこの地域を支配したらしい。その後の大野城の歴史は不明である。

 城跡は現在、市川第五中学校が建てられているほか、周囲は宅地と畑に変貌しているので、遺構はほぼ湮滅している。しかし曽谷城同様地形はよく往時の面影を残していて、周囲を高低差20m程の急斜面で囲まれている。残念ながら城としての香りを感じさせるのはその地勢だけである。解説板があるだけましであろうか。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:https://maps.gsi.go.jp/#16/35.753234/139.957023/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0