So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

館林城 その2(群馬県館林市) [古城めぐり(群馬)]

DSC09283.JPG←加法師町交差点の南の土塁と堀
 正月明けてから、城の再訪が続く。今回は、実家に行った帰りに寄った館林城
 年末に会社が休みに入ってから、国土変遷アーカイブをじっくりと見る機会ができたので、GoogleやYahooで表示される現在の航空写真と比べてみると、街中の城でも結構遺構が残っていることがわかった。館林城もその一つ。
 以前に行った時は、加法師町交差点の横と館林一中の周りの土塁を見たが、それ以外の部分でも土塁と堀跡が2ヶ所残っていた。一つは加法師町交差点から南に150mほど離れたところにある加法師曲輪遺構。もう一つは朝日町交差点の80mほど南の城町地区内の外曲輪遺構。どちらも薮化が激しく中に入るのが一苦労だが、高さ2~3mの土塁とその前面の堀跡がしっかりと残っている。特に後者の方は200m程の長さにわたって土塁が残り、なかなか見事なものである。ただ、東の方は宅地開発中らしく、重機で土塁が崩され始めているところだった。このまま行けば数年でこの土塁遺構は消え失せてしまうかもしれない。大変残念なことではあるが、街中の近世平城の宿命であろうか?
 なお、どちらも思いっきり住宅街の中なので、見に行く方は不審者に間違われないよう注意して欲しい。
朝日町交差点の南の土塁と堀跡 →DSC09306.JPG

 場所:
 加法師町交差点の南:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.33.8.9N36.14.45.0&ZM=9
 朝日町交差点の南:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.32.42.5N36.14.47.9&ZM=9
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0