So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新田の庄 その2(群馬県太田市) [古城めぐり(群馬)]

 太田市周辺は、知る人ぞ知る新田源氏一族の史跡の宝庫である。南北朝の動乱で、足利方にすり潰されて没落した新田一族であるが、さすがは左中将義貞殿の由緒の地。朝廷に庇護されて・・・、何てことではなくて。実際には、徳川家康が新田一族の裔を称したため、江戸時代を通じて保護されてきたのと、もう一つは昭和の国粋主義、皇国史観の中で、南朝側の新田氏が称揚されたこと。
 南北朝フリークの私は、この地には何度も足を運んでいるが、ブログとして取り上げるのは2回目。今回でほぼ回りつくしたはず・・・。

<大館館>
 大館氏は新田氏の一族で、義貞の鎌倉攻めの際、極楽寺坂で戦死した大館宗氏が有名である。現在は一面畑となっていて何も残っていない。
DSC02915.JPG
 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.18.7.4N36.15.2.5&ZM=9

<薮塚館>
 薮塚氏も新田氏の一族である。近くにある藪塚温泉は義貞の隠し湯などと呼ばれているらしい。館跡は畑の真ん中にぽつんとある長円寺の境内であるが、よく見ると周囲には土塁や堀らしき名残が見られる。ただ改変が激しいので、本当に遺構かどうかは微妙。
DSC02928.JPG
 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.19.1.6N36.21.51.6&ZM=9

<伝薮塚氏墓>
 東武桐生線沿いにあるのだが、なんと墓があるのが民家の庭先という、何とも気まずい場所にある。
DSC02934.JPG
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.18.52.1N36.21.33.2&ZM=9

<長楽寺>
 新田氏の一族、得川義季の開基と伝わる。境内には得川義季一族の墓所がある。
DSC08640.JPG
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.16.43.6N36.15.35.3&ZM=9

<世良田東照宮>
 徳川幕府が、系図を騙った新田得川氏のゆかりを示すため、世良田の地に立てた東照宮。もともとは2代将軍徳川秀忠が日光に最初に建てた日光東照宮の建物を、3代家光が豪華さに乏しく東照大権現にふさわしくないとして、新たに立て直す際にこの地に移築したもの。確かにこれでは地味だわ。
DSC04217.JPG
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.16.44.1N36.15.32.4&ZM=9

<世良田館>
 長楽寺の裏の公園に、発掘された堀跡が残っているのが世良田館跡とされている。しかし、民家などが建っているため広範な発掘調査ができず、決定打となる証拠は無いらしい。
DSC04241.JPG
 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.16.39.2N36.15.32.9&ZM=9

<得川義季館>
 縁切り寺として知られる、満徳寺の裏にある八幡宮が館跡とされる。特に遺構は見られなかった。
DSC04263.JPG
 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.17.21.4N36.15.3.6&ZM=9


<新田館>
 現在の総持寺が、元々の新田宗家の館跡とされている。義貞も挙兵はここから起こしたというが、それにしては兵を集結させた生品神社までの距離がありすぎる。新田の庄の伝承は虚実入り混じっていてにわかに確定しがたいが、やはり昔から知っている通り、反町館を義貞の居館と思いたい。現在は何も残っていないが、昭和初期まで土塁などが残っていたようだ。
DSC04254.JPG
 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.16.31.1N36.15.48.9&ZM=9
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。