So-net無料ブログ作成

高幡城(東京都日野市) [古城めぐり(東京)]

 高幡城は、高幡不動尊のすぐ裏の山に構えられた平山城である。この城に関する記録はかなり少ないらしく、どのような城か明瞭にはわからないらしい。
 この城に登るには、高幡不動尊から散策路ができているので、そこから登ると良い。しかし、城に関する案内はほとんどなく、八十八箇所の地蔵巡りがメインの散策路となっている。散策路にした関係で、だいぶ改変されている可能性が高いのだが、ところどころに腰曲輪らしき削平地形や、申し訳程度の竪堀らしき遺構が見受けられる。主郭は山頂に置かれ、かなり縦長の形状である。主郭の周囲はぐるっと腰曲輪が取り巻いている。また主郭から南西にだいぶ離れたところに、馬場跡とされる大きな削平地がある。主な遺構としてはその程度で、ほとんど砦程度の重要性しかなかった城のようである。小田原北条氏が使用したとも言われているが、それにしてはあまりに防御性に乏しく、個人的には疑問符がつく。
 なお、今回この城を訪れたのは高幡不動尊に行ったついでであるが、城郭遺構としては甚だ貧弱なので、その程度の位置づけでの訪城で十分であろう。
←高幡城主郭

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.24.48.6N35.39.24.7&ZM=9


タグ:中世山城
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0