So-net無料ブログ作成
検索選択
古城めぐり(埼玉) ブログトップ
前の30件 | -

羽生城(埼玉県羽生市) [古城めぐり(埼玉)]

DSC06437.JPG←城址碑の建つ古城天満宮
(2007年6月訪城)
 羽生城は、上杉謙信の関東攻略の前線基地となった城である。元々は天文年間(1532~55年)に古河公方足利晴氏の家臣広田式部大輔直繁・木戸忠朝の兄弟によって築かれた。1552年、小田原北条氏が羽生城を攻め落とし、中条出羽守が城代となった。1560年、上杉謙信が初めて越山して関東に進撃すると、羽生城も攻め落として直繁・忠朝兄弟に城を与え、以後羽生城は謙信の関東攻めの最前線基地となった。翌61年、忍城の成田下総守長泰に対する守りを固める為、謙信は皿尾城を築いて木戸忠朝(監物入道玄斎)を皿尾城主に移した。1568年、武田信玄の駿河侵攻によって甲相駿三国同盟が破棄されると、北条氏康は信玄に対抗するため、上杉謙信と越相同盟を結んだ。同盟中の1570年、直繁は館林城へ移され、代わって弟忠朝が羽生城へと入った。その後、越相同盟は実効性に乏しかった為、1571年、氏康の死とともに同盟が破棄され、再び北条・武田両氏の間に甲相同盟が結ばれた。これによって関東の野は再び北条・上杉両勢力の抗争の場となった。しかし北条氏は着実に勢力を拡張し、遂に1574年、謙信は越後と遠い羽生城を放棄・破却し、忠朝以下の城兵を上野膳城へと移した。翌75年、羽生城は北条氏麾下の忍城主成田下総守氏長が支配し、その一族成田大蔵少輔長親が羽生城代となった。1590年の小田原の役の際には、時の羽生城代善照寺向用斎は氏長の命により、羽生城を捨てて忍城に籠城した。北条氏と共に成田氏が滅亡すると、関東に入部した德川家康の重臣大久保忠隣に羽生城が与えられた。忠隣は後に父忠世の死により小田原城主となり、羽生城主を兼務したが、1614年、忠隣が改易されると羽生城は廃城となった。その後も遺構は残っていたらしいが、幕末の1867年に羽生陣屋が新たに構築された際、城跡は悉く破壊されたと言う。

 羽生城は、沼地に面した平城で、浮島のように曲輪が連なる城であったらしい。古絵図によれば、主郭を中心に円弧状に幾重にも曲輪が取り囲む縄張りで、平地続きの南と南西にも沼が外堀となって、天然の要害であった様である。現在は完全に市街化しており、遺構は完全に湮滅している。おそらく曙ブレーキ本社の敷地あたりに主郭があったのだろう。少し南の羽生市役所付近も城域だったと思われる。古城天満宮が建つ場所が天神曲輪跡と言われ、現在城址碑と解説板が建つ。また曙ブレーキから南西に少し離れて建っている高山稲荷は、以前は城山稲荷と呼ばれ、羽生城の西の外郭にあったらしい。いずれにしても、その姿はすでに地上から永遠に失われている。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.175747/139.550164/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
nice!(12)  コメント(0) 

菖蒲城(埼玉県久喜市) [古城めぐり(埼玉)]

DSC06398.JPG←城址碑の建つ公園
(2007年6月訪城)
 菖蒲城は、古河公方初代足利成氏が築かせた城である。1454年、鎌倉公方足利成氏が対立する関東管領上杉憲忠を誅殺して、関東全域を巻き込む「享徳の大乱」が勃発した。その経緯は古河城の項に記載する。古河に本拠を移した成氏は、1456年に奉公衆の金田式部則綱に命じて菖蒲城を築かせ、騎西城と合わせて対立する上杉勢の重要拠点河越城に対する最前線とした。則綱は後に佐々木氏を称し、菖蒲佐々木氏と称される(近江の名族六角佐々木氏の裔を称したというが、真偽は不明)。以後、菖蒲城は菖蒲佐々木氏の歴代の居城となった。後に小田原北条氏が勃興して勢力を伸ばし、古河公方家も北条氏の勢力に呑み込まれると、佐々木氏も北条氏に属することとなった。戦国後期の1574年、関宿城を巡って三度目の攻防戦が生起した。北条氏政と上杉謙信が戦い、上杉勢によって菖蒲城は騎西城と共に城下を焼討ちされた。1590年の小田原の役で落城し、そのまま廃城となった。

 菖蒲城は、現在「あやめ園」という公園に変貌している。一応、菖蒲城址とは銘打っているが、城址とは名ばかりで遺構は全く残っておらず、城址碑が建っているだけである。また公園内には、徳川家康の旗本、内藤氏の陣屋であった栢間陣屋のものと伝えられる移築門が建てられている。戦後まもなくの航空写真を見ても、周囲は一面開墾されていて城の面影すら見ることができず、早くに失われた城の様だ。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.061763/139.594452/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
nice!(12)  コメント(0) 

油井ヶ島城(埼玉県加須市) [古城めぐり(埼玉)]

DSC06377.JPG←水堀
(2007年6月訪城)
 油井ヶ島城は、油井城、或いは鐘撞山とも呼ばれ、騎西城の支城である。伝承では、武蔵七党猪俣党の当主で源平合戦などで名高い猪俣小平六範綱またはその末裔の城と言われるが、範綱の本拠はここからかなり離れた現・美里町であり、単なる伝承に過ぎない。油井ヶ島城の歴史については『鐘撞山之記』に記載があり、それによれば1563年、松山城救援のため出陣したが間に合わなかった上杉謙信が、転じて小田原北条氏の属城となっていた騎西城を攻め、同時に油井ヶ島城も攻撃した。油井ヶ島城の城兵は鐘を鳴らして騎西城に急を告げたが、騎西城も謙信本隊の攻撃を受けていて救援できず、結局城兵は甲冑兵器を丘に埋めて逃れたと言う。後の元禄年間(1688~1704年)に、ここから矢の根・鉄砲玉・大身槍・陣鍋が出土したと言う。

 油井ヶ島城は、騎西城の東南東2.3kmの位置にあり、低湿地に浮かぶ浮島の様な平城であったらしい。現在は民家となっているが、周囲に水堀と土塁があり、これが油井ヶ島城の遺構とされている。また城外西側に古墳の様な塚があり、その上に『鐘撞山之記』の石碑が建っている。往時も物見台として機能したのだろう。いずれにしてもささやかな遺構であるが、標柱・解説板・石碑があるのはありがたい。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.098094/139.607112/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
nice!(13)  コメント(0) 

花崎城(埼玉県加須市) [古城めぐり(埼玉)]

DSC06338.JPG←城址公園内に残る水堀
(2007年6月訪城)
 花崎城は、細萱氏の居城粟原城の支城である。戦国時代中期に小田原北条氏の勢力と越後上杉氏の勢力が関東で激突する様になると、花崎城もその抗争に巻き込まれることとなった。1560年、初めて関東に出馬した上杉謙信は、翌年3月、北条氏康の小田原城を大軍で包囲攻撃した。この時、粟原城主細萱民部少輔光仲は、70余人を率いて小田原城に詰めた。わずか11歳の長子半左衛門泰秀が花崎城を守っていたが、小田原城から軍勢を退いた謙信はその帰途、羽生城主木戸宮内少輔忠朝に粟原城と花崎城を攻め落とさせたと言う。

 花崎城は、武蔵中部に多い、低湿地帯に浮かぶ浮島のような平城であったと思われる。現在は市街化が進み、城址には東武伊勢崎線が東西に貫通し、その北側は住宅地に変貌しているが、それでも東武線の南側に城跡公園として残されており、僅かだが遺構が確認できる。現地解説板によれば、畝堀・障子堀・角馬出などが発掘されたそうで、北条氏の築城技術が導入された縄張りであったらしい。残念ながら角馬出は住宅地となって破壊されてしまったが、前述の城址公園内に水堀跡と曲輪の塁線が見られる。これほど市街化が進んだ中にも、僅かでも遺構が残されていることは、非常に嬉しいことである。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.111461/139.627680/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=_ort&vs=c1j0l0u0f0
nice!(2)  コメント(0) 

足利政氏館(埼玉県久喜市) [古城めぐり(埼玉)]

DSC06309.JPG←甘棠院境内に残る空堀
(2007年6月訪城)
 足利政氏館は、古河公方2代足利政氏の隠居後の居館である。1506年頃から、嫡子高基と対立し、一旦和解するものの1513年に山内上杉氏の跡継ぎを巡って再び対立し、抗争の末、頼っていた小山氏まで離反して高基方に付き、1518年には後ろ盾であった扇谷上杉朝良が死去すると、政氏は久喜に隠居した。一方、政氏の政治勢力の後継者であった次男義明は、真里谷武田氏の要請を受けて上総に下向し、その支援を受けて小弓城に入って小弓公方家を創出した。こうした旧勢力の古河公方家や山内・扇谷両上杉氏の内訌の隙を突いて新たに勃興したのが、今川氏親の元軍師で関東に討ち入った伊勢宗瑞(いわゆる北条早雲)であった。

 足利政氏館は現在、政氏がこの館に隠居後に開山した甘棠院となっている。寺の周囲には空堀が残り、また政氏の墓も建っている。空堀はかなり埋もれているのか、規模は小さく、豪族の居館ほどの構えは備えられていない。永正の乱の主役の一人でもあった政氏は、ここでどのような余生を過ごしたのだろうか。1520年には、古河城を訪れてかつて対立した高基とも和解しており、政治活動からは一切身を引いて、読経三昧の日々を過ごしたものだろう。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.073401/139.668535/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
タグ:居館
nice!(4)  コメント(0) 

春日山館(埼玉県伊奈町) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_7513.JPG←桂全寺に残る春日氏墓
 春日山館は、小田原北条氏の家臣春日下総守景定の居館である。春日氏は藤原氏の出自と言われ、春日八郎光行は1537年に北条氏綱が扇谷上杉朝定の本拠であった河越城を攻略した際に軍功を挙げ、足立郡菅谷村に館を設け、足立一円を領した。その嫡子景定は岩槻太田氏に属していたが、岩槻城が北条氏康によって攻略されてその支城となると、そのまま北条氏に属し、1569年に小針内宿村に陣屋を築いたと言われる。後に北条氏が滅亡すると徳川家に仕え、京都伏見城の御門番を務めたと言う。
 春日山館は、現在は詳細な場所は不明であるが、内宿台という地名のある一帯にあったと思われる。この地は、宅地化され尽くした現在ではわかりにくいが、昭和20年代前半の航空写真を見ると、綾瀬川流域の低湿地帯に西から張り出した低台地上に位置し、三方を湿地帯で囲まれた要害地形だった様である。前述の通り宅地化され尽くしているので遺構は見る影もないが、内宿駅近くの桂全寺に春日氏の墓が残っており、その足跡を今に伝えている。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=36.016511,139.605589&z=15&base=std&vs=c1j0l0u0
    ※但し、正確な場所は不明。
nice!(4)  コメント(0) 

足立遠元館(埼玉県桶川市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_7506.JPG←館跡に建つ石碑
 足立遠元は、鎌倉幕府初期の宿老である。元々源氏の家人で武蔵国足立郡を本拠としており、平治の乱で源義朝に従った。後にその遺児頼朝が石橋山で挙兵し、敗北して安房に逃れて再起すると、武蔵で豊島清光葛西清重らと共に頼朝の元に参じた。頼朝の側近であった安達盛長とは縁戚に当たり、頼朝が公文書を設立するとその寄人の一人に登用され、やがて勲功10人の1人として左衛門尉に任じられた。2代将軍頼家の独断を抑えるために、13人の有力御家人による合議制が敷かれた際、遠元もその1人として加わっている。
 足立遠元の館には、幾つかの伝承地があり、桶川市のものもその一つである。現在、桶川市総合福祉センターが建っている場所に館跡があったとされるが、早くにその遺構は失われたらしい。現在は何も残っておらず、福祉センター脇に立派な石碑が建っているのみである。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=36.006062,139.571214&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
タグ:居館
nice!(3)  コメント(0) 

石戸堀の内館(埼玉県北本市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_7502.JPG←神社裏の土塁と堀跡
 石戸堀の内館は、蒲冠者源範頼の居館であったとも、石戸左衛門尉の居城であったとも言われる城館である。範頼の館との説は、単なる伝承と思われるが、付近には範頼伝説の残る東光寺や石戸蒲桜がある。それに対し、鎌倉幕府の御家人であった石戸左衛門尉については、『吾妻鏡』に鎌倉中期の鶴岡八幡宮放生会参列の記事があり、その石戸氏の館であったという説が有力である。
 石戸堀の内館は、荒川東岸の段丘の中程に位置している。北本市の資料によれば、100m四方の方形の主郭を、円形とおむすび形の二重の土塁・堀で囲郭する、規模の大きな城館であったらしい。現在も遺構の一部が残っており、石戸神社の裏の山林内には土塁と堀が残っている。またおむすび形の外郭の南辺には、切岸跡の大きな傾斜地と堀跡の水路が残っており、往時の規模を偲ばせる。遺構はわずかだが、地勢は往時のまま残っている様だ。
外郭の堀跡の水路→IMG_7478.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=36.007017,139.513814&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
タグ:中世平城
nice!(1)  コメント(0) 

久下氏館(埼玉県熊谷市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_7257.JPG←館跡付近の現況
 久下氏館は、武蔵七党の一、私市党の一流久下氏の居館である。私市家盛の弟為家が武蔵国久下郷に分封されて久下氏を称した。久下直光・重光父子は、源頼朝に石橋山の挙兵時から従い、殊に土肥の杉山の頼朝の陣に一番に馳せ参じたことから、「一番」の家紋を賜わり、承久の乱の際には久下三郎が京に攻め上った鎌倉勢に従軍して功を挙げ、そのまま丹波の所領に留まり、丹波の国人領主となった。後の南北朝時代に、『太平記』に名高い久下弥三郎時重を輩出した。
 久下氏館は、現在は荒川北岸の河川敷になっている。この河川敷は、辺り一面が耕地化されており改変が進んでいるため、どこに居館があったのかも定かではない。戦後間もなくの航空写真を見ても、既に明確な館跡らしい形状はどこにも見られないので、遺構は早くに失われているのであろう。尚、館跡の北西1.3kmの場所にある東竹院は、久下次郎重光の開基とされ、境内には直光・重光父子の墓が残っている。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=36.119937,139.411204&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
nice!(4)  コメント(0) 

西城(埼玉県熊谷市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_7233.JPG←西城の現況
 西城は、長井城とも呼ばれ、成田氏の祖となった成田助高の初期の居館とされる。この福川南岸の地は長井庄の要衝で、平安初期には左近衛少将藤原義孝の所領となり、その5代の裔、幡羅太郎道宗が館を構え、その子成田式部大輔助高が本城として西城を築いたとされる(但し、成田氏は武蔵七党横山党の一流との説もある)。この時、東には東城が出砦として築かれた。その後、1062年に前九年の役で源頼義・義家父子に従い軍功を挙げた越前斎藤実遠が、源家所領の長井庄の庄司となってこの地に入部すると、助高は太田庄成田郷に館を移したと言う。以後斎藤氏の領するところとなったが、実遠の子実直は越前河合の同族から実盛を養子として迎え、実盛は首邑の地利を考慮して、館を西野郷に移したと伝えられている。実盛は、源平争乱の際に加賀篠原での戦いで木曽義仲と戦って壮絶な討死を遂げた。

 西城は、東城より南南西750mの位置にあり、一面の耕地の只中に立派な石碑が建てられている。明確な遺構は見られないが、石碑が建っているのは微高地で、これが城館の痕跡であろうか。日本城郭大系では水堀の一部が残存しているとされるが、その後の改変で失われたようである。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=36.195421,139.394896&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
タグ:居館
nice!(4)  コメント(0) 

東城(埼玉県熊谷市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_7228.JPG←八幡神社脇の窪地
 東城は、西城に対する東の砦であったとされる。この福川南岸の地は長井庄の要衝で、平安初期には左近衛少将藤原義孝の所領となり、その5代の裔、幡羅太郎道宗が館を構え、その子で成田氏の祖となった成田式部大輔助高が本城として西城を築いたとされる(但し、成田氏は武蔵七党横山党の一流との説もある)。この時、東に砦を設けており、これが東城と呼ばれる。その後、1062年に前九年の役で源頼義・義家父子に従い軍功を挙げた越前斎藤実遠が、源家所領の長井庄の庄司となってこの地に入部すると、助高は太田庄成田郷に館を移したと言う。以後斎藤氏の領するところとなったが、実遠の子実直は越前河合の同族から実盛を養子として迎え、実盛は首邑の地利を考慮して、館を西野郷に移したと伝えられている。実盛は、源平争乱の際に加賀篠原での戦いで木曽義仲と戦って壮絶な討死を遂げた。

 東城は、福川南岸の八幡神社付近にあったとされている。神社の脇の茂みの中には、窪地状の地形が見られ、堀跡であるかもしれない。しかし古い館でもあり、周辺の改変も進んでいるため、明確に遺構とは言い切れない。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=36.201326,139.398737&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
タグ:居館
nice!(3)  コメント(0) 

金子十郎家忠館(埼玉県入間市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_6895.JPG←金子氏一族の墓
 金子十郎家忠は、武蔵七党の一、村山党の武士である。家忠は保元の乱の際、崇徳上皇方に与して白河殿攻めに活躍し、源平争乱の際には平家追討軍に加わって屋島・壇ノ浦と多くの戦功を挙げた。鎌倉幕府が開府すると、家忠は源頼朝・頼家・実朝3代の将軍に仕え、1216年に没した。
 金子十郎家忠館は、現在の瑞泉院(木蓮寺)境内にあったとされる。南向きの丘陵中腹に当たり、鎌倉期に居館を置くに好適な地勢であったと思われるが、現在は墓地造成などで改変され尽くされてしまっており、館跡の遺構は完全に湮滅している。しかし、家忠一族の位牌堂や6基の宝篋印塔が残っており、その歴史を今に伝えている。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=35.814699,139.319108&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
nice!(4)  コメント(0) 

加治氏館(埼玉県飯能市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_6869.JPG←寺近くの段丘
 加治氏館は、日本城郭大系では加治屋敷と記載され、武蔵七党の一、丹党の加治氏の居館である。丹党の秩父丹五基房(坂東八平氏の秩父氏とは別流)の5男経家が武蔵国高麗郡に分封され、経家の次男家季が加治氏を称したと言われている。加治氏は鎌倉幕府の御家人となり、家季は頼朝上洛の随兵となり、また執権北条氏が謀略で畠山重忠を討った二俣川合戦で討死した。鎌倉末期には、新田義貞挙兵の折、これを小手指原・久米川・分倍河原と迎え撃った鎌倉勢の桜田治部大輔貞国が率いる軍勢の中に、加治次郎左衛門入道(家貞)の名前が『太平記』に記載されている。家貞を供養する板碑が円照寺(入間市)に残っており、その日付が鎌倉幕府滅亡の日に当たることから、家貞は鎌倉で北条一族と運命を共にしたと考えられる。
 尚、戦国時代には、加治氏の後裔は中山氏に改称し、中山勘解由家範は小田原北条氏に仕えて北条氏照の重臣となり、八王子城の戦いで壮絶な戦死を遂げた。家範の次男信吉は、徳川家康に見出されて信任を受け、家康の11男頼房が立藩した際に附家老に抜擢され、頼房が水戸藩を興すと、中山家は代々水戸徳川家の附家老として、後には常陸松岡城主となって幕末まで重要な地位にあった。

 加治氏館は、宝蔵寺付近にあったとされている。私はてっきり宝蔵寺西の段丘部分かと思ったが、帰ってから調べたら、どうも寺の背後の山林の中にあったとされているらしい。しかしいずれにしても、城郭大系に記載されている掘切や屋敷跡とされる平坦地などの遺構は残っていないらしい。いずれ再訪して、自分の目でも確認したいと思っている。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=35.864987,139.32827&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
nice!(4)  コメント(0) 

三峰城(埼玉県秩父市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_6833.JPG←掘切とされる地形
 三峰城は、歴史不詳の城である。奈良時代以来この地に鎮座する三峯神社の境内にあることから、武装化した神社の神人によって城砦が築かれた可能性は考えられよう。

 三峰城は、三峯神社背後の尾根に築かれているとされる。「される」と記載したのは、これが本当に城郭遺構なのか、確証が持てなかったからである。三峯神社は、山を越えた先にある秩父からでも車で1時間も掛かる、物凄い山奥にある。しかし最近、三峯神社はパワースポットとして有名らしく、これ程の山奥なのに立派な観光地となっており、観光客もかなりの数に登る。この神社の裏に、ヤマトタケルの大きな銅像が建った高台があり、いかにも主郭らしい雰囲気がある。しかし周囲にはあまり明確な腰曲輪状の平場は見られない。これは後世の改変によるせいもあるだろう。そこから南に伸びる尾根上に城郭遺構があるとされ、確かに遥拝殿に至る階段は掘切を利用したように見えるし、その先の尾根にも堀切状の地形が数ヶ所見受けられるが、ほとんど自然地形に近く判然としない。一番疑問なのは、これらの地形に明確な防御構想が感じられないことである。その意味で、これを城郭遺構と呼んでいいのか疑問を感じたのが正直なところである。武蔵御嶽城の例もあり、神社が武装化することは十分考えられるが、御嶽城に見られた様な、明らかな城郭遺構はここでは見られない。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=35.925322,138.931839&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
nice!(4)  コメント(0) 

敏桑館(埼玉県秩父市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_6780.JPG←民家裏の石塁
 敏桑館は、別名を嫩桑館、高根城とも言い、歴史不詳の城館である。一説には、武蔵七党丹党に属する岩田氏の館であったとも、或いは小田原北条氏の侵攻を受けた藤田重利が、1560年にこの地に逃れて、敏桑館の館主となったとも言う。
 敏桑館は、荒川西岸の台地の中程に築かれた館である。周囲は畑や宅地となっており、明確な遺構は少ない。畑と民家を仕切るように石塁が残っており、これを遺構とする説もある様だが、秩父地方で石塁を有する阿左美氏館設楽氏館と比べると、石の大きさも積み方も異なり、近世の構築と捉えた方が自然であろう。もう少し確実な遺構が残っていればと惜しまれる。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=35.973318,139.055221&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
タグ:居館
nice!(4)  コメント(0) 

織原氏館(埼玉県寄居町) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_6771.JPG←堀跡と思われる水路
 織原氏館は、武蔵七党の一流丹党に属する織原氏の居館である。織原氏は、丹党の薄長房の次男泰房が男衾郡折原村に分封されて、織原丹五郎を名乗ったのが始まりとされる。その他の事績は不明である。
 織原氏館は、荒川南岸の平野に築かれていたとされる。現在は畑となって遺構は完全に湮滅しており、周囲の堀跡と思われる90度折れ曲がった水路と堀の内の地名がその痕跡を残しているに過ぎない。館跡には「堀の内 織原氏の 屋敷跡」という郷土かるたが立てられており、その隣には井戸がある。これは往時の井戸が残っているのだろうか?いずれにしても、高度成長期前の1960年の航空写真を見ても、既に前述の水路以外は確認できないので、早くに遺構が失われたのだろう。それでも郷土かるたに謳われるほど、その歴史が伝えられているのが微笑ましい。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=36.114338,139.176221&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
nice!(4)  コメント(0) 

騎西城(埼玉県加須市) [古城めぐり(埼玉)]

DSC02171.JPG←天神曲輪の残存土塁
(2007年1月訪城)
 騎西城は、私市城とも呼ばれ、武蔵北東部の要衝の一つである。元々この地には、武蔵七党の一、私市党の居館があったと推測されている。騎西城がいつ築かれたかは明確ではないが、その姿は享徳の大乱の中で初めて現れる。即ち、鎌倉を逐われて古河に本拠を据えた古河公方足利成氏は、1455年、対立する山内上杉氏方の庁鼻和性順(憲信、上杉一族)、家宰長尾景仲が守る騎西城を攻め落とした。その後、山内上杉氏に属した種垂城主で常陸の名族小田氏の一族であった小田大炊頭顕家が、戦国前期に騎西城に居城を移した。後に顕家は、忍城主成田下総守親泰の子助三郎宗長を養子に迎えて小田助五郎家時と名を改めさせて騎西城を守らせ、自身は種垂城に隠居した。1563年には、武蔵松山城の救援に間に合わなかった上杉謙信が、小田家時の守る騎西城を攻め落とした。1574年、上杉謙信は深谷城奪還のため越後より越山し、騎西城・菖蒲城羽生城岩槻城を攻め落とした。しかし謙信の連年の関東出兵にも関わらず、関東北部まで小田原北条氏の勢力が拡張し、その後は騎西城も北条氏の支城となった。1590年の小田原の役の際、騎西城も上方勢に攻め落とされた。北条氏滅亡後、徳川家康が関東に入部すると、松平康重が2万石で騎西城に入った。1601年、康重が笠間城に移封になると、大久保忠常が騎西城主となった。1632年、大久保忠職が美濃加納城へ移封となると、この地は天領となり、騎西城は廃城となった。

 騎西城は、岩槻城や羽生城と同様、沼地(低湿地帯)の只中に浮島の様に曲輪が浮かぶ水城であったが、現在は耕地整理と市街化によって城のほとんどの遺構は湮滅している。わずかに県道38号線脇にほとんど唯一の現存遺構とも言える、天神曲輪の土塁が残っている。高さ3m程の立派な土塁で、所謂掻き揚げの城として往時はその威容を誇っていたことが想像される。また外郭に当たる前玉神社の西側にも、堀跡が一段低い畑となって残っている。この他、発掘調査の結果、外郭の堀跡の中に全国的にも珍しい、碁盤の目の様な緻密な障子堀が発見されているが、これはそのまま地下に埋まっている。古い航空写真を見ると1960年頃までは本丸・ニノ丸・馬屋曲輪・天神曲輪・外郭といった各曲輪の輪郭が水田の中にはっきりと残っていたが、その後の耕地整理で大半は失われてしまった。それでも各所に「二の丸跡」などの標柱が建っているのはありがたい。
前玉神社脇の堀跡→DSC02184.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=36.104318,139.584571&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
    (土塁の位置)
nice!(4)  コメント(0) 

善能寺館(埼玉県坂戸市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_0849.JPG←櫓台か古墳らしい土盛
 善能寺館は、歴史不詳の城館である。南北朝記の文和年間(1352~1356)に善応寺を開いた広沢善応という人に関連する城館とも考えられているが、確かな事はわかっていないらしい。
 善能寺館は、善能寺塁とほぼ隣接する位置にあり、地元では善能寺塁と合わせて中西城と読んでいた様である。民家の近くに微高地となった竹林があり、その中に櫓台か古墳らしい土盛が見られる。その周囲に堀状の窪地も見られるが、これらが遺構かどうかも定かではなく、謎の多い城館である。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=35.961773&lon=139.355152&z=16&did=std&crs=1
タグ:居館
nice!(4)  コメント(0) 

大類氏館(埼玉県坂戸市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_0842.JPG←林の中に残る土塁
 大類氏館は、武蔵七党児玉党に属する大類氏の居館である。大類氏は、児玉党秩父行綱(坂東八平氏の秩父氏とは別系統)の次男行義が、この地に入部して大類氏を称したことに始まる。
 大類氏館は、現在の大薬寺から十社神社にかけての付近にあったとされる。耕地化が進んでおり遺構は不分明だが、近くの林内に一直線状の土塁が残っている。どうも二重土塁の様で、間は空堀となっている様だ。しかし、善能寺塁の土塁と堀にちょっと毛が生えたぐらいのささやかな遺構で、すでに遺構の大半は失われている。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=35.960544&lon=139.350409&z=16&did=std&crs=1
nice!(5)  コメント(0) 

善能寺塁(埼玉県坂戸市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_0824.JPG←わずかに残る土塁と堀
 善能寺塁は、中西城とも呼ばれ、歴史不詳の城砦である。鎌倉公方足利基氏が芳賀禅可と戦った苦林野古戦場に近いことから、この戦いに関連した陣城との説もあるが、定かではない。
 善能寺塁は、善能寺付近にあった城砦で、民家や畑に変貌しているが、北側にわずかに土塁と堀らしい遺構が残っている。しかしかなり規模は小さく、それと言われないと城砦の遺構とはわからないぐらいなので、この分ではいずれ破壊されてしまうだろう。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=35.962733&lon=139.353949&z=16&did=std&crs=1
タグ:中世平城
nice!(5)  コメント(0) 

堀込氏館(埼玉県坂戸市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_0818.JPG←斜面上の館跡遠望
 堀込氏館は、鎌倉時代、武蔵七党児玉党の一流で浅羽氏の一族堀込(籠)氏の居館とされている。場所はにっさい幼稚園の北側の民家であるとされている。この民家は台地縁の斜面の上に建っており、西側に土塁状の土盛が一直線に見られる他、民家の北側に当たる斜面上端部にも土塁っぽい地形が遠目に垣間見られる。宅地化で大きく改変されているので、遺構かどうかは何とも言えない。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=35.966085&lon=139.365537&z=16&did=std&crs=1
nice!(4)  コメント(0) 

大法寺館(埼玉県坂戸市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_0815.JPG←土塁っぽく見える地形
 大法寺館は、歴史不詳の城館である。一説には、武蔵七党児玉党に属する浅羽氏から分かれた堀籠氏の居館であったとの説もあるが明証はない。戦国後期には小田原北条氏に属した太田十郎兵衛の知行地であったとされ、太田氏の関連する城館であった可能性もある。北条氏滅亡後、徳川家康が関東に入部すると、徳川氏の旗本多田氏の所領となったと言う。
 大法寺館は、現在の大法寺の位置にあった城館で、おそらくは三福寺館と同様に寺院を城塞化した寺院城郭であったものであろう。ネット上の情報ではつい数年前まで周辺に土塁が残っていたらしいが、着々と宅地化が進められている場所で、明確な遺構はほぼ湮滅状態の様である。近くの林の中に土塁らしき地形が見られたが、訪れたのが夏場で藪が繁茂し、はっきりとはわからなかった。残っていたとしてもささやかな遺構であろう。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=35.96487&lon=139.364465&z=16&did=std&crs=1
タグ:居館
nice!(4)  コメント(0) 

三福寺館(埼玉県坂戸市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_0808.JPG←三福寺
 三福寺館は、歴史不詳の城館である。伝承では、1562年、越山した上杉謙信によって落とされた松山城を奪還する為、北条・武田連合軍が攻め寄せた際、兵火に掛かって三福寺は焼失したと言われる。また、1590年の小田原の役の際には、豊臣方の北国軍の上杉景勝が松山城を攻略した際、同様に三福寺は兵火に掛かって焼失したと言う。また、平安末期に多田満仲の居館であったとの伝承もあるが、全く確証はない。
 三福寺館は、現在の三福寺の位置にあった城館で、おそらくは寺院を城塞化した寺院城郭であったものであろう。しかし遺構はほぼ湮滅しており、寺の背後の畑地に館の塁線の名残と思われる段差が見られるが、遺構とは俄には判断し難い。陣城との説もあるが、どのような城館だったのか、縄張りもわからないので何とも言い様がない。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=35.963837&lon=139.362641&z=16&did=std&crs=1
タグ:居館
nice!(5)  コメント(0) 

大河原氏館(埼玉県坂戸市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_0805.JPG←山林に残る遺構らしい土盛
 大河原氏館は、武蔵七党児玉党の一流で、浅羽城主であった浅羽氏の一族大河原氏の居館である。源頼朝の奥州合戦に参陣した浅羽五郎行長の子行家が大河原氏を称したと言われ、武蔵にはこの他にも丹党などの流れを汲む大河原氏が並立していた様である。
 大河原氏館は、葛川北岸の微高地に築かれている。遺構はあまりはっきりせず、その為縄張りもはっきりしないが、館跡を南北に貫通する小道の脇の山林の中に、土壇か土塁と思われる土盛がわずかに確認できる。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=35.962222&lon=139.366804&z=16&did=std&crs=1
nice!(5)  コメント(0) 

勝呂豊前守屋敷(埼玉県坂戸市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_0801.JPG←勝呂氏関連の板石塔婆
 勝呂豊前守屋敷は、永禄年間(1558~69年)に小田原北条氏の家臣であった勝呂豊前守の居館である。『新編武蔵国風土記稿』によれば、勝呂氏は元は「須黒氏」と記載し、武蔵七党村山党の一流であった。『吾妻鏡』には須黒兵衛太郎恒高の名があり、その子頼高は承久の乱で討死した。豊前守はその後裔とされ、北条氏滅亡後は安房里見氏に仕えたが、里見氏も転封・改易となった為、浪人となったと伝えられる。
 勝呂豊前守屋敷は、現在の宗福寺の付近一帯にあったとされている。『日本城郭大系』の図によれば、以前は宗福寺の北側に土塁があったらしいが、現在は宅地開発などで湮滅している。宗福寺東側の車道沿いの水路も堀の名残とされるが、既に改変が激しく、これを遺構と言っても俄には信じがたい程である。勝呂氏の事績を伝える板石塔婆が、寺の中に残るだけである。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=35.974084&lon=139.418635&z=16&did=std&crs=1
nice!(5)  コメント(0) 

小代館(埼玉県東松山市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_0795.JPG←小代氏の板石塔婆
 小代館は、武蔵七党児玉党の一流、小代氏の居館である。児玉党の入西資行の次男遠弘が小代郷に分封されて小代氏を称した。4代重俊は、子の重康が宝治合戦で活躍したことにより、1247年、肥後国野原荘の地頭職に任ぜられたが、小代郷から動かず、野原荘の管理は地頭代に任せていた。1271年、重俊の子息達は、モンゴル帝国の襲来に備えるためと、領内の争いを鎮めるために鎌倉幕府から野原荘下向を命じられ、肥後に移り住んだ。
 小代館は、青蓮寺一帯にあったとされている。比高10m程の段丘上の縁に位置している。日本城郭大系によれば、かつては空堀と土塁がわずかに残っていた様だが、現在は宅地化などによって遺構は湮滅している。青蓮寺には、この地に残った小代氏一族関係者が重俊を追慕して建てた板石塔婆(供養碑)が残っており、小代氏の歴史を今に伝えている。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=35.998501&lon=139.411368&z=16&did=std&crs=1
nice!(4)  コメント(0) 

道祖土館(埼玉県川島町) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_0784.JPG←水堀跡
 道祖土(さいど)館は、小田原北条氏の家臣で老袋城主を務めたと言われる道祖土氏の居館である。道祖土氏は、那須氏の一族と言われ、いつの頃からか武蔵に入部し、戦国時代前期には岩槻城主太田氏に属して、後に武蔵を制圧した北条氏の家臣に列した。1590年に北条氏が滅亡すると、道祖土氏は帰農したと言う。
 道祖土館は、現在もこの地の旧家として著名な道祖土家の宅地として残っている。南東に隣接する善福寺との間には水堀が残っており、この堀は途中から空堀となって北辺まで伸びている。薮で判別できないが、宅地北辺にも堀と土塁が残っている可能性がある。今に至るまで往時の小土豪の居館の趣を残していることは貴重である。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=35.999456&lon=139.484796&z=16&did=std&crs=1
nice!(5)  コメント(0) 

美尾屋十郎廣徳館(埼玉県川島町) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_0773.JPG←境内に残る内堀跡
 美尾屋十郎廣徳館は、源頼朝に従って武功を挙げた美尾屋十郎廣徳の居館である。廣徳の事績については不明点が多いが、『平家物語』等にその名が見える。廣徳の死後、頼朝の妻二位ノ尼(北条政子)がその冥福を祈って、館跡に大御堂などを造営して広徳寺を建立したと伝えられており、政子が直接関わったことから考えると、相当頼朝の近くで活躍した武士であったと推測される。
 美尾屋十郎廣徳館は、現在は広徳寺となっている。外周の堀跡の一部が水路となって残る他、国重文の大御堂の東側に内堀跡が残っている。尚、大御堂の背後の塚は廣徳の墳墓と伝えられ、板碑が建っている。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=35.980062&lon=139.504816&z=16&did=std&crs=1
タグ:居館
nice!(4)  コメント(0) 

天神島城(埼玉県幸手市) [古城めぐり(埼玉)]

IMG_0661.JPG←天神社の建つ浮島状の微高地
 天神島城は、幸手一色氏が築いた砦である。一色氏は足利一門に連なる名家で、その事績は一色氏館の項に記載する。日本城郭大系によれば、天正年間(1573~92年)には一色宮内大輔の屋敷が置かれたとされる。一色氏館の南東1.5km程の位置にあり、陣屋を防衛する砦であったのだろう。
 天神島城は、倉松川沿いの微高地に位置し、現在は天神社が建てられている。周辺は民家と畑となり、倉松川も河川改修を受けているため、往時の状況とは位置関係が異なっていると考えられる。それでも神社の建つ台地は周囲より盛り上がっており、浮島状の台地に築かれていた砦であることがよくわかる。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=36.065915&lon=139.729092&z=16&did=std&crs=1
nice!(4)  コメント(0) 

仙波氏館(埼玉県川越市) [古城めぐり(埼玉)]

DSC07805.JPG←段丘上の長徳寺
 仙波氏館は、武蔵七党村山党の一流仙波氏の居館である。『保元物語』には、仙波七郎高家が同族の金子氏山口氏等と共に源義朝に従って崇徳上皇の白河殿を襲撃したことが見え、『吾妻鏡』にも仙波平太・同太郎・次郎・弥三郎・左衛門尉等の名が記されていると言う。
 仙波氏館は、「堀の内」の小字名が残る長徳寺にあったと推測されている。この地は段丘上に位置し、かつて境内には土塁と堀があったと伝えられている。遺構は市街化で完全に湮滅しているが、地勢は往時の雰囲気をほのかに漂わせている。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.29.53.7N35.54.23.8&ZM=9
nice!(4)  コメント(0) 
前の30件 | - 古城めぐり(埼玉) ブログトップ
メッセージを送る