So-net無料ブログ作成
検索選択
古城めぐり(富山) ブログトップ

高岡城(富山県高岡市) [古城めぐり(富山)]

IMG_6338.JPG←高岡城の広大な水堀
(2003年12月・2004年9月訪城)
 高岡城は、加賀前田家2代利長の築いた城である。利長は1598年に父利家の跡を継ぐと、徳川家康の謀略的圧力をかわし、1600年の関ヶ原合戦の際に北陸で生起した浅井畷の戦いで功を挙げ、加賀・能登・越中100万石の大大名の存続に成功した。1605年に庶弟の利常に家督を譲ると富山城に隠居したが、1609年3月に富山城が火災にあったため、新たに高岡城を築城した。城の縄張はキリシタン大名の高山右近が行った。1614年に利長が死去すると翌年廃城となった。
 高岡城は広大な城域を持つ平城で、近世城郭らしく広々とした水堀に囲繞されている。この城の縄張は非常に珍しく、ほぼ長方形の曲輪を縦横に並べた形をしており、全体も概ね長方形の形状となっている。曲輪間は土橋で連結され、土橋の一部には当時の石垣が残存している。堀は直線的に掘られている為、横矢はほとんど掛かっておらず、その分戦闘的な縄張とは無縁である。また各曲輪の虎口は後世改変されたのか、特に工夫された様子はない。水を満々と湛えた広大な堀がかなりの防御性を発揮するとは言っても、もはや豊臣氏の下を離れて徳川氏への恭順を決めた後に築かれた、太平の世の城なのであろう。
 現在は古城公園として整備されており、各曲輪には体育館や市民会館が建てられている為、幾分の破壊を受けているものと考えられる。しかし江戸初期に廃城になったにも関わらず、近代の市街化でも大きく破壊されることなくほとんど無傷で残った、屈指の平城である。
土橋に残る石垣→IMG_6331.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E137.1.26.8N36.44.45.2&ZM=9
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

源氏ヶ峰城(富山県小矢部市) [古城めぐり(富山)]

IMG_4440.JPG←たぶんこれが主郭
(2004年4月訪問)
 源氏ヶ峰城は、倶利伽羅峠古戦場の近く、源氏ヶ峰に築かれた山城である。元は、1183年に木曽義仲が平家の大軍を破った倶利伽羅峠の戦いで、平家が布陣したのを源氏が陥としたとも、源氏が布陣した場所とも言われる。しかしこの頃は当然、ただの陣営程度であったはずで、現在残る城址遺構は戦国時代のものである。越中に拠る佐々成政が加賀の前田利家を攻めるに当たって、加越国境沿いに多くの城を築いたが、源氏ヶ峰城もその一つと考えられる。旧北陸道を押さえる要地として、兵站及び国境防衛の任に当たったのだろう。
 ここでは城址として記載しているが、実は行った当時、ただの古戦場の一角の史跡としてしか認識しておらず、まさか山城跡とは思っても見なかった。当時はまだ城めぐりを始めたばかりで、しかもまだ本格的な山城に行ったことが無い頃だったので、歩いていても城址とは気付かなかったのである。しかし今思えば、曲輪らしい平坦地や堀切らしいのがいくつかあったりしたような・・・。いずれにしても、いずれ城めぐりとして再訪したい。

 お城評価(満点=五つ星):城と認識していなかったので採点なし
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E136.49.37.5N36.39.7.2&ZM=9
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

富山城(富山県富山市) [古城めぐり(富山)]

IMG_3836.JPG
(2003年10月訪城)
 富山城は、越中中央部に築かれた平城で、この地は古くから北陸街道と飛騨街道の交わる交通の要衝であった。1543年頃に神保長職が築城したと伝えられている。但し、この時の富山城はもっと南に築かれていたとの説もある。以後、神保氏の居城となったが、上杉謙信の越中侵攻が始まると富山城も落とされて、上杉氏の属城となった。しかし謙信が1578年に急死すると、織田信長の勢力が越中に伸び、越前小丸城主の佐々成政が富山に入封し、1582年に富山城に入城した。信長が本能寺で倒れ豊臣秀吉が後継争いに打ち勝つと、成政は秀吉と対立したが秀吉に攻められて軍門に降り、越中を去った。その後、加賀の前田氏に越中が与えられ、隠居した前田利長が一時期富山城に居城したこともあった。江戸時代に入って幕藩体制が固まった後、1639年に加賀の大大名前田利常は、次男利次に富山10万石を与えて分家させた(富山藩)。利次は廃城になっていた富山城を修復し、以後富山前田氏歴代の居城となって幕末まで存続した。

 富山城は現在城址公園となり、石垣の上には模擬天守が建っている。現在はほぼ長方形に近い曲輪形状であるが、エリアとしては往時の本丸と西出丸に相当し、その間にあった水堀は現在は埋められてしまっている。また本丸南には二ノ丸が、東には東出丸が、さらにそれを取り囲んで三ノ丸があったが、現在は市街化で破壊されまったく旧状を留めていない。城址公園には本丸や西出丸周囲の石垣や水堀が残っているが、旧状を留めているのはほとんど南面で、それ以外はかなり改変されてしまっているようだ。そのため、往時の城の雰囲気が全体にかなり希薄になってしまっているのは残念である。

 おまけに私がこの城に行った時は天守の修理が行われていた為、周囲が立入り禁止になっていて、石垣などを詳細に見ることができない部分が多かった。その後さらに整備も進んでいるようなので、いずれまた再訪してみたい。それにしても今から見ると、この当時はまだ城巡り駆け出しの頃だったので、結構写真撮ってない遺構が多いみたいだなぁ・・・。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E137.12.49.9N36.41.24.4&ZM=9
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
古城めぐり(富山) ブログトップ
メッセージを送る