So-net無料ブログ作成

新庄城(京都府南丹市) [古城めぐり(京都)]

IMG_2652.JPG←尾根鞍部の堀切
 新庄城は、丹波小守護代として船井郡を領した井上氏の居城である。歴代の城主は、文明年間(1469~86年)以降、井上雅楽助・井上孫五郎・井上又六と続いた様で、丹波守護細川政元の奉行人波多野秀久の奉書や守護代上原元秀の遵行状を井上氏に発出している。また『丹波志』によれば、戦国後期には井上氏は没落していたが、井上治部少輔は明智光秀に仕えて丹波平定の先鋒となり、古邑を回復したと言う。

 新庄城は、標高230m、比高110mの城山に築かれている。城山は南北2峰あり、北の峰に本城、南の峰に出城を置いている。現在はほとんど人が入らない山らしく、城内は全体に藪が多い。また東の谷戸からの登城路があるが、倒木が多く一部では道が消失しており、結局斜面直登になる可能性が高い。私はこの道を知らなかったため、本城南東の尾根を直登した。
 本城は、主郭の周囲に腰曲輪を廻らし、北と南に数段の段曲輪、東尾根に2段の舌状曲輪を配置している。この舌状曲輪(上段)の付け根は一段低い鞍部の曲輪となっており、南側に虎口が付いていて、前述の登城路と繋がっている。この虎口を防衛するように、舌状曲輪後部に土塁・物見台が築かれている。下段の舌状曲輪の先端には土塁が築かれ、その側方に虎口が築かれている。舌状曲輪から下方にやや離れた南東尾根にも、明確に削平された曲輪が築かれている。一方、前述の鞍部の曲輪から主郭の北側に向かって明確な城道が残っている。主郭は三角形状の曲輪で角部に土塁を築いている。主郭内は藪が少なく、20年以上前の小学生が作った城址解説板が残っている。主郭から南尾根を辿ると、段曲輪の先の鞍部に二重堀切が穿たれている。内堀の外側には土塁も築かれている。これらによって出城との分断を図っている。
 南の出城も基本的な構造は本城と同じで、頂部の主郭の周りに腰曲輪を廻らし、更に北尾根に段曲輪を築いている。こちらも主郭へ至る城道が、段曲輪側方に明確に残っている。『図解 近畿の城郭Ⅰ』によれば、この出城の周囲の斜面には畝状竪堀が穿たれているとされているが、かなり小さい竪堀のため、遺構かどうかはかなり微妙な感じである。
 以上が新庄城の遺構で、頑張って藪漕ぎをした割にはあまりパッとしない城だったのは残念である。
舌状曲輪後部の物見台→IMG_2589.JPG
IMG_2677.JPG←出城の畝状竪堀?

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/35.103646/135.518911/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

多くの日本人よ、その選択で良いのか? [雑感]

今週末は衆議院選。
疑惑噴出で死に体に陥ったアベ政権が、ドサクサ紛れに打ち出した私利私欲丸出しの選挙である。
報道では、この総選挙で掛かる費用は数百億円に上るという。
自身の権力延命のために、ただでさえ赤字で逼迫している国家財政を、
更に悪化させて臆面もない。

マスコミの事前調査では、与党自民党が大勝するようだが、
本当にその選択で良いのか?

アベが大勝すれば、必然的にアベ自民の強権的政治を是認することになる。
そうなると、今後の日本はどういう社会になるか。

解釈改憲によって集団的自衛権を認めた事実が先例となって、
近代立憲主義は日本では有名無実となり、憲法の解釈変更による国家権力の強化が常態化する。

近いうちに憲法9条は改正され、それを皮切りに数年後には集団的自衛権を明記し、
国家の権限を強力にして国民の権利を大幅に制限する、自民草案に近い憲法改正に至る。
(9条に自衛隊を明記するだけというのは、
 いわゆる「お試し改憲」によって憲法改正の先例を作るのが目的であって、
 次に来るべき憲法大改正への布石に過ぎない)

そして、トランプのアメリカと一緒になって世界に進軍する、軍国国家となるだろう。
「集団的自衛権」というのは、国防に資するという聞こえはいいが、その目的と実態は、
いかにして自衛隊をアメリカ軍の一部隊として、両者を一体運用できるようにするか、に尽きる。
要するに、軍事的にアメリカに盲従するための法律である。
北朝鮮の脅威を煽っているのも、その布石である。

そもそも政権が、国民の支持率を上げ、自身の権力を強化するために、
国外に仮想敵を作って国民を煽るのは、世の古今の東西を問わず、常套手段である。
それは歴史が証明している。
近代の隣国では、韓国の歴代の政権も、末期になると反日を煽って延命を図ってきたし、
中国も国内の不満をそらすために、東や南の海域へ不当な進出を続けている。

軍国的になった日本は、政権が「報道の中立性を確保する」と言う名目で、
マスコミに介入し、情報を統制して政府に都合の良い報道で国民を欺き、国の進む方向を誤らせる。
(読売と産経はすでにアベ自民の走狗と化している。)

有力政治家と癒着した人間は、制度の恣意的運用によって、臆面もなく暴利を貪るようになる。
その事実は、情報統制されて国民に知らされることはない。

今は株高なので問題が表面化していないが、
株高と経済成長が右肩上がりで続くわけがないのだから、
一旦破綻して恐慌に陥ると、巨額の国家資本を投下して株高を支えてきた日銀・GPIFによって、
国家財政は今以上に逼迫し、年金も社会保障も大幅にカットされ、国民の生活は窮乏を極める。
(昭和恐慌に近い状態に陥るのではないか?)

そんな「バラ色」の予想図しか、私には見えてこない。

今、目先の株高や求人増加、北朝鮮の脅威に幻惑されて、多くの国民が判断を誤ると、
(特に現状維持、保守傾向の強い若い世代の人)
それは国家大計の、百年の煩いとなろう。

その実例は、ナチスドイツに見ることができる。
多くのドイツ国民が、目先の経済政策に成功したヒトラーを熱狂的に支持していた歴史的事実、
そしてそれが後世に及ぼした災禍を、我々は忘れてはならない。
(ナチスも全権委任法でワイマール憲法を骨抜きにした。
 ナチス好きの麻生太郎が2013年に「ナチスの手口に学べ」と言ったが、
 その通りに日本の政治が動いているのは、気味が悪い。)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る