So-net無料ブログ作成
検索選択

杉山城(栃木県市貝町) [古城めぐり(栃木)]

IMG_1563.JPG←主郭周囲の空堀
 杉山城は、歴史不詳の城である。伝承では千本城の支城で、薄根家継と言う武士が築いたとされ、西の宇都宮氏に備えていたと推測されている。

 杉山城は、県道163号線と176号線が分岐する交差点北側の比高40m程の丘陵地に築かれている。中心に空堀で四周を囲まれた方形の主郭があり、その北西にも外周を横堀で囲まれた二ノ郭がある。主郭には南と西に土橋の架かった虎口が築かれている。また主郭と二ノ郭の間には、特殊な形状の角馬出しがあり、独立した区画ではなく主郭空堀の外側を巡る土塁にそのまま接続している。この他、主郭の南西にも曲輪群があるが、ここにも横堀が穿たれ、一部は二重横堀に見えるが、この辺は材木伐採で荒れておりどこまで遺構か疑問である。主郭東側下方には削平された広い腰曲輪が2段あり、屋敷などがあった可能性がある。背後を切り立った土塁で囲まれており、北側土塁の更に北側には堀切が穿たれ土橋が架かっている。遺構はよく残っているので、山麓の城址標識だけでなく城址も整備されて解説板があれば、言うことなしなのだが。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.581496/140.106518/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る