So-net無料ブログ作成

石尊山新城〔仮称〕(栃木県足利市) [古城めぐり(栃木)]

IMG_4966.JPG←二ノ郭の堀切
 石尊山新城〔仮称〕は、多分私が発見したことになる城である。足利市がまとめた『足利市歴史文化基本構想』の中の城館MAPに石尊山城の記載があるが、このMAPでは名草城のある山稜の少し南寄りのピーク上を石尊山城としている。しかし足利市で「石尊山」と言えば、普通は栃木百名山にも名を連ねる名峰のことであるので、MAPの記載が間違っているのだろう、この石尊山のどこかに城があるのではないか、と推測して探索した。その結果、登山道から少し逸れた、西に張り出した断崖上に城郭遺構が確認できた。ところが後日、足利市の市民資料室で遺跡地図を確認したところ、MAPは間違いではなく、名草城の南に紛れもない「石尊山城」が遺跡として記載されていることがわかった。この遺跡として認定されているのとは別の、ここでレポートする石尊山系に築かれている山城は、ネット上でもこの遺構に関する報告がないので、おそらく新発見になるのだと思う。名称が重複するので悩んだが、他に適当な名称も思い浮かばなかったので、ここでは石尊山の尾根筋西端に新発見した城を石尊山新城〔仮称〕として紹介する。

 石尊山新城は、標高約300mの断崖上に位置している。周囲を垂直絶壁で囲まれた峻険な城で、東の尾根筋以外に城に近づく方法はない。岩場を削り切った2本の堀切で区画され、先端の主郭と背後の二ノ郭、それと堀切に繋がる二ノ郭北側の帯曲輪から構成された小規模な城砦である。主郭先端は僅かに高くなっており、櫓があったらしい。二ノ郭は岩がゴロゴロしており、ほとんど居住性がない。二ノ郭北辺には帯曲輪に通じる虎口が確認できる。この城の眼前には小俣城が聳えており、小俣城と何らかの関係がある城砦であることが想定される。実は、この石尊山新城からかなり離れた石尊山東尾根上にも城郭関連遺構があり、その項の中で考究したいと思う。
主郭の堀切→IMG_4971.JPG
IMG_4978.JPG←主郭
帯曲輪から見た主郭堀切→IMG_5000.JPG

お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.404308/139.387879/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
タグ:中世山城
nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る