So-net無料ブログ作成

覆盆子城(長野県松本市) [古城めぐり(長野)]

IMG_6132.JPG←二ノ郭と主郭堀切
 覆盆子(いちご)城は、召田城とも呼ばれ、この地の豪族会田氏の最期の地となった城である。会田氏は海野氏の一族で、峻険な虚空蔵山に虚空蔵山城・中ノ陣城等の城砦群(会田城)を築いて本拠としていた。1553年に武田信玄が小笠原長時を駆逐して北筑地方に侵攻すると、会田氏は武田氏に降ってその配下となった。そして会田小次郎が領主の時、一族の岩下監物(召田監物とも言われる)が覆盆子城を築いて城主となった。1582年に武田氏が滅亡し、その3ヶ月後に本能寺で織田信長が横死すると、信濃府中を制圧した小笠原貞慶がこの地に侵攻し、かつて父の小笠原長時に反旗を翻し、甲斐武田氏に鞍替えした諸豪を相次いで討伐し、会田氏もその標的となった。会田氏は、本城の会田城を捨て、覆盆子城に立て籠もって最後まで抵抗した。これは小県方面への連絡路と退路を確保するためと推測されている。当主会田小次郎広忠が幼少だったため、家老の堀内越前守が戦ったが、間もなく越前守は討死して城は攻め落とされた。広忠は逃れて青木村の十観山で自害し、会田氏は滅亡した。会田氏最後の「一期の城」ということで、いつしか覆盆子城と呼ばれるようになった。

 覆盆子城は、標高892m、比高200m程の山上に築かれている。明確な道はなく、北西の尾根に適当に取り付いて直答した。削平の甘い主郭を中心に北東・北西に数段の腰曲輪、主郭背後には浅い堀切を介して二ノ郭があるが、いずれの曲輪も普請はわずかで、ニノ郭などほとんどまともに削平されていない。その背後の曲輪も同様である。一方、大手筋と思われる北西の尾根にもそれと言われなければ分からない程度の浅い堀切が2条穿たれている。いかにも急造の城と言う感じで、普請は不完全・不徹底で、会田氏滅亡の城という歴史がなければ、ほとんど顧みられることはないだろう。尚、この地域の目の前には、本城のあった虚空蔵山がその威容を見せている。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.345100/138.017528/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
タグ:中世山城
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

掻揚城(長野県松本市) [古城めぐり(長野)]

IMG_6044.JPG←主郭土壇付近の石垣
 掻揚城は、保福寺城とも言い、1502年に信濃守護小笠原長棟が築いて、小笠原信益斎を置いて守らせたと伝えられている。その後、1513年には小沢縫殿助が在番し、小笠原氏の直轄の城として度々城将が変わったらしい。後に苅谷原城主太田弥助の持ち城となって在番を置いたが、1553年に武田信玄によって北筑地方一円が支配されるようになると、その役目を終えた様である。1582年に武田氏が滅亡し、その3ヶ月後に織田信長も本能寺で横死すると、小笠原貞慶が信濃府中を制圧し、1590年にかつての在番の後裔小沢縫殿介に山麓の屋敷を与えて住まわせたと言う。

 掻揚城は、標高900m、比高100m程の山稜先端に築かれている。登り道は無いので、北東の斜面から適当に直登するほかはない。登っていくと斜面上に段々に築かれた帯曲輪群が現れる。主郭の前衛となる曲輪群で、数えたところ17段確認できた。多数の帯曲輪群が築かれるのは、苅谷原城や青柳城と同じである。尾根上の先端部に主郭を置き、堀切を挟んで南に二ノ郭を置いた小規模な城砦である。主郭後部には土壇があり、その周りや主郭の外周に石垣が僅かに残っている。往時は全周を石垣で防御していたようだが、現在はかなり崩れてしまっている。主郭は綺麗に削平されているが、二ノ郭は自然地形に近い。二ノ郭背後にも堀切があり、更に背後の尾根の先にもう1本堀切が穿たれて城域が終わっている。堀切はいずれも小規模だが、東斜面に長大な竪堀となって落ちており、特に主郭背後・二ノ郭背後の2本は、山麓まで至っている。また竪堀脇にも帯曲輪が多数築かれている。小城砦ながらも、長い竪堀や石垣は見応えがある。
山腹を貫通する長い竪堀→IMG_6087.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.310353/138.028364/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

荒神尾城(長野県松本市) [古城めぐり(長野)]

IMG_5879.JPG←Ⅳ郭から見た主郭までの曲輪群
 荒神尾城は、歴史不詳の城である。一説には、1553年に武田勢が攻め落とした苅谷原城とは、この城のことではないかとも言われている。

 荒神尾城は、苅谷原城の東南東1.4kmの位置にある標高950mのピーク上に築かれている。東の谷戸を登る車道脇に案内表示と登り道が整備されているので、迷うことなく登ることができる。山頂の主郭から東のやや広い尾根上に4段の曲輪を設けているのが基本構造である。主郭自体の広さは苅谷原城と大差ないが、周囲の切岸にわずかに石垣が残存している。また前述の4段の曲輪は、きれいに削平されたある程度の広さを持った曲輪になっており、特にⅢ郭は背後に堀切を設けた、前面防衛の櫓台となっている。一方、主郭から伸びる北東尾根と南尾根にも堀切や小郭が設けられている。この二つの尾根筋は非常な細尾根で、小郭があることはあるがほとんど物見程度のレベルで多数の兵を籠めることはできない。堀切もほとんどは小規模のものだが、南尾根の1本だけは比較的大きい。また北西尾根の城域先端近くには四重堀切が穿たれ、更にその下方に続く尾根にも堀切が穿たれており、この尾根筋からの接近を警戒していることがわかる。城域の広さは苅谷原城には及ばないが、曲輪などの普請のレベルは苅谷原城よりしっかりしている。とは言うものの、基本的な城の規模・築城技術は苅谷原城と同等程度で、これが筑北の土豪の築城規模ということかと推測させられる。
北西尾根の四重堀切→IMG_5945.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.309385/137.995877/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
タグ:中世山城
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

苅谷原城(長野県松本市) [古城めぐり(長野)]

IMG_5739.JPG←南東尾根の堀切と曲輪群
 苅谷原城は、鷹巣根城とも呼ばれ、海野氏の一族苅谷原五郎が築いた城と伝えられる。苅谷原氏が数代で断絶すると、太田道灌の一族とも言われる太田弥助という武士の居城となったとされる。戦国中期の1550年から松本平に侵攻を開始した甲斐の武田信玄は、小笠原長時の諸城を連年攻略し、1553年には深志城を拠点に筑北まで侵攻し、3日間の攻撃で苅谷原城を攻め落とし、塔ノ原城は自落、会田虚空蔵山城を放火した。その後、苅谷原城の城割りと鍬立てを行い、家臣の今福石見守を城主とした。これにより、苅谷原城は武田軍による筑北進出の橋頭堡となった。1582年に武田氏が滅亡し、その3ヶ月後に本能寺で織田信長が横死すると、筑北地方は小笠原貞慶と上杉景勝の間で激しい争奪の場となった。この時、苅谷原城は小笠原方によって制圧され、貞慶は一族の赤沢式部少輔を城代とした。しかし翌年、赤沢氏が塔ノ原城主海野三河守・小岩岳城主古厩因幡守らと共に謀叛を企てたことが発覚し、赤沢氏は切腹させられた。その後、苅谷原城には小笠原頼貞が入って守りを固めたことが知られる。その後の歴史は不明だが、1590年に小笠原貞慶が讃岐に移封となった頃に廃城になったと推測される。

 苅谷原城は、標高896.6mの城山に築かれている。南の尾根より登山道があるので、迷わず登ることができる。山頂の主郭を中心に、三方に伸びる尾根に堀切と尾根上の小郭群を連ねた縄張りで、あくまで詰城と言った趣の城砦である。主郭は小規模で多数の兵を籠めることはできない。また堀切もいずれも比較的小規模であるが、大手と思われる北東尾根には厳重に配置され、堀切から落ちる竪堀も長く伸びている。しかしその他の尾根の堀切はやや防備が貧弱である。この城は、斜面に多数の帯曲輪群が配置されているのが特徴的で、特に竪堀の左右に多数並んでいる。また城の中心からかなり離れた部分の尾根も、側方斜面に帯曲輪が配置されていることから、尾根上はほとんど自然地形ながらも馬場や外郭として機能していた可能性があり、それなりに広範囲に防備は固められていたことが伺われる。とは言え、全体的には少数の兵しか籠められない小城砦で、諸勢力の筑北制圧の橋頭堡となった城にしては、貧弱に感じられる。その縄張りの貧弱さ故に、武田勢が攻め落とした苅谷原城はここではなく、荒神尾城ではないかとする説も存在することを付記しておく。
竪堀沿いの帯曲輪群→IMG_5791.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.316111/137.982252/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平瀬北城(長野県安曇野市) [古城めぐり(長野)]

IMG_5606.JPG←上部曲輪群の横堀
 平瀬北城は、平瀬城の北の出城である。平瀬城の項に記載した通り、中央の尾根に平瀬城の本城があり、その南北に張り出した尾根に北城・南城の出城が築かれており、この左右両翼の出城によって本城の防御力を高めた、3城一体の城であったと考えられる。

 平瀬北城は、大きく2つのブロックに分かれて築かれている。主城部は標高730mのピークに築かれており、一方東に上る尾根上にも曲輪群が設けられている。この城へ行くには、東の豊科カントリークラブ脇の町道からアクセスするのが、最も楽で手っ取り早い。このルートで最初に現れるのが、上方の曲輪群である。平瀬本城に繋がる南斜面に、馬場のような緩斜面の平場が数段広がり、南西部を大きな横堀で防御している。この横堀は下方で二重横堀に変化している。この上方の曲輪群から西の尾根を辿ると、堀切状の通路や多重枡形の遺構が現れる。多重枡形の下に両側を土塁で防御した曲輪が広がっている。その先はしばらく細尾根となり、小掘切が穿たれている。出城主城部は、ピーク上に主郭を置き、背後に堀切と尾根小郭の下に二ノ郭を置いている。主郭の前面にも堀切や小郭群が築かれている。
 遺構を見ると、平瀬北城の構造は2つのブロックで大きく異なっており、主城部は小規模な出城そのもの。一方で上部曲輪群は複雑な多重枡形や大きな横堀を有した、大名系城郭の造りとなっている。元々出城の小城砦があったところに、平瀬城を攻略した武田氏が平瀬本城の背後を警戒する曲輪群を拡張したもののように思える。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.289964/137.947812/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
タグ:中世山城
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平瀬南城(長野県松本市) [古城めぐり(長野)]

IMG_5529.JPG←主郭東側の横堀
 平瀬南城は、平瀬城の南の出城である。平瀬城の項に記載した通り、中央の尾根に平瀬城の本城があり、その南北に張り出した尾根に北城・南城の出城が築かれており、この左右両翼の出城によって本城の防御力を高めた、3城一体の城であったと考えられる。

 平瀬南城は、標高680mの尾根上に築かれている。本城からは急峻な谷戸を挟んでおり、登り道も明確には残っていないので、尾根先端の北東筋を適当に直登する他はない。基本的には単純な連郭式の城で、西側だけを低土塁で防御した長円形の主郭を頂部に置き、そこから北に伸びる尾根上に切岸だけで区画した数個の曲輪群を配置している。先端の曲輪の北東斜面には何段かの腰曲輪が築かれている。主郭の東側は横堀で防御され、その外側に土塁と腰曲輪が築かれている。この横堀は主郭背後の堀切と繋がっており、最初は腰曲輪状であるが、先端に近づくに連れて深さを増して横堀に変化し、先端部はそのまま竪堀となって斜面を落ちている。また主郭背後の尾根には、前述の堀切に続いて4本連続する五重堀切が穿たれている。中でも2本目が規模が大きい。しかもこれらの堀切は、東斜面を長い竪堀となって降っていて、下方で集合している。また下方の竪堀同士に挟まれた部分に独立堡塁が築かれていて、谷底からの接近を阻止する防衛陣地となっている。
 城自体は小規模であるが、大規模な堀切と竪堀群を有し、横堀を備えるなど、普請は念入りに行われていることが伺われ、見応えがある。山も手入れされているので、遺構が見やすいのもありがたい。
五重堀切から落ちる竪堀群→IMG_5590.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.283184/137.948155/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
タグ:中世山城
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

西条城(長野県筑北村) [古城めぐり(長野)]

IMG_5469.JPG←標柱・解説板の立つ主郭
 西条城は、青柳城の支城である。城主は、青柳氏の重臣鬼熊左衛門尉康長で、剛勇な武士であったという。康長は、天文年間(1532~55年)に小笠原氏の軍勢と立峠で戦い敗れて、自刃したと伝えられている。その後の歴史は伝わっていないが、青柳城が武田氏・織田氏の滅亡後に小笠原貞慶の支配下に入ると、西条城も小笠原氏の支配下に置かれたものと考えられる。

 西条城は、小仁熊地区の西側にそびえる標高790mの山稜上に築かれている。山稜上を縦走するハイキングコースが整備されており、長野自動車道の側道脇から登道もついているので、あまり迷わずに登ることができる。連郭式の比較的小規模な城で、頂部に四阿と解説板・標柱の建った主郭を置き、南に一段下がって二ノ郭、更に南下方に三ノ郭と前衛の腰曲輪を置いている。三ノ郭は側方に高台が置かれており、櫓台などとして機能した様である。更に南尾根の鞍部は堀切となっており、一方主郭の北尾根にも堀切が穿たれ、その先の北の物見台の北西にも3条の片堀切状の地形が確認できる。しかしいずれの堀切も規模は小さく鋭さに欠け、どれほどの防御性を発揮したのかは不明である。この他に主郭の西斜面にも腰曲輪群があるらしいが、藪が深く踏査できない。そもそもハイキングコースがあるものの、いずれの曲輪も藪だらけでほとんど未整備の状態である。竹場城より訪城も楽だし、遺構もしっかりしているが、規模・縄張り的に物足りなさは残る城である。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.403358/137.998710/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
タグ:中世山城
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

竹場城(長野県筑北村) [古城めぐり(長野)]

IMG_5412.JPG←西尾根の堀切
 竹場城は、青柳城の支城と伝えられている。伝承では、青柳伊勢守頼長の築いた要害で、城主は頼長の家臣竹場源之丞定友であったという。1587年、頼長が小笠原貞慶に深志城で誘殺されると、城主不在の青柳城は小笠原氏によって攻め落とされ、竹場城も同じく落城したと伝えられている。

 竹場城は、麻績川と東条川の合流点の西にそびえる、標高734m、比高159mの山上に築かれている。中心に主郭があり、三方に派生する尾根に堀切を介して曲輪群を配した縄張りとなっている。非常に小規模、かつ普請もささやかなレベルの城で、中心となる主郭は猫の額ほどの狭小な曲輪である。各所の堀切も規模が小さい。曲輪はある程度きれいに普請されているが、いずれも規模は小さい。このような感じで、パッとしない城である。『信濃の山城と館』に、「青柳氏本拠の西口を守る重要な支城であったことが伺える」とあったので期待して行ったが、全く裏切られてしまった。なお、私は北麓から登ったが、途中の山道がわかりにくく、結局斜面直登になってしまった。キノコ山なので、秋の訪城は厳禁である。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.433834/138.001435/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
タグ:中世山城
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

青柳城(長野県筑北村) [古城めぐり(長野)]

IMG_5205.JPG←大きな二重堀切
 青柳城は、この地の国人領主青柳氏の居城である。青柳氏は、麻績城主麻績氏の一族と言われ、伊勢神宮の麻績御厨預職としてこの地に居館を構え、守護小笠原氏に属していた。戦国中期に武田信玄が信濃に侵攻して小笠原長時を追い落とし、更に1553年に北信の雄村上義清をも葛尾城から逐うと、青柳清長・頼長父子は武田氏に降伏した。青柳城には信玄やその弟典厩信繁が入城して青柳城を改修し、以後青柳城は、武田氏が松本平から善光寺平へ進出する為の前衛拠点となった。一方この時、麻績城主服部(麻績)氏が義清と共に越後に逃れた為、青柳氏は麻績城を与えられて麻績氏を称した。同年9月の第1次川中島合戦では、来攻した上杉謙信が荒砥城を落とした後、青柳城を攻撃している。こうして武田氏の支配は続いたが、1582年に武田氏が織田信長に滅ぼされると、青柳頼長は織田氏の支配下に入った。しかしその3ヶ月後に、本能寺で信長が横死すると、上杉景勝が北信に進出し、頼長は上杉氏に服属した。間もなく、徳川家康の支援を受けた小笠原貞慶が府中を回復すると、筑北地域は上杉氏・小笠原氏の争奪の場となり、青柳城は麻績城と共に4回に渡って攻防が繰り返された。1587年、頼長は小笠原氏に招かれて、深志城で長子長迪と共に謀殺されると、青柳城は小笠原氏によって没収され、小笠原氏麾下の溝口貞秀が青柳城主に任じられた。その後も上杉・小笠原両勢力の境目の城として機能したが、慶長年間(1596~1615年)に廃城になったと思われる。

 青柳城は、標高904.9m、比高255mの山上に築かれている。城の背後の尾根の付け根まで車道が延びており、また城址公園として整備されているので、訪城は容易である。尾根の先端に主郭を置き、土塁や切岸で区画された二ノ郭・三ノ郭・四ノ郭を連ね、堀切を介して五ノ郭、更に数本の堀切を穿って背後の尾根を遮断し、最後に大きな二重堀切を穿って、城域を分断した連郭式を基本とした縄張りとなっている。三ノ郭は、ちょうど尾根上の曲輪の鞍部に当たり、大手道がここに至っていることから、虎口郭の機能を持たせていた様である。五ノ郭や主郭には石垣が残っており、特に主郭周囲に集中し、高石垣も残っている。現地解説板によればこの高石垣は、武田氏時代のものではなく、戦国最末期の小笠原貞慶時代の構築と見られている。この他、主郭の北尾根と北西尾根に小掘切があり、小郭が置かれている。また城の主要部の南西斜面には帯曲輪群が延々と連なっており、大手道を防御している。また山麓の清長寺は、青柳氏の平時の居館である。
 青柳城は、石垣や大堀切があるものの基本的にはシンプルな縄張りの山城である。遠目にも主郭に立つ松の古木が目立つ城なので、もう8年も前から行こう行こうと思っていた念願の城だったが、期待が大きすぎたのか、少々物足りなく感じられた。
主郭周囲の石垣→IMG_5317.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.431089/138.033407/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

矢倉城(長野県麻績村) [古城めぐり(長野)]

IMG_5144.JPG←主郭~二ノ郭間の切岸
 矢倉城は、歴史不詳の城である。一説には、麻績城主服部伊賀守の次男大倉佐渡守が築いたとも伝えられるが、定かではない。麻績川を挟んで麻績古城に相対する位置にあり、また青柳城の方が直線距離で1.7km程と近く、しかも背後の丘陵が繋がっているので、青柳城の支城であった可能性も大いに考えられる。
 矢倉城は、室沢ダムのすぐ西側にそびえる標高728.7mの山稜上に築かれている。長野自動車道下のガードを抜けると、すぐに標柱があり登道が付いているので簡単に登ることができる。城の中心は2段に分かれた平場で、上段が主郭、手前の一段低いのが二ノ郭とされる。主郭は背後に円丘状の櫓台を備え、虚空蔵菩薩が祀られ、三角点が置かれている。主郭と二ノ郭は東半分は切岸のみで区画されるが、西半分は堀切となっている。中央は虎口で、単純な坂虎口となっている。この他、ニノ郭前面の北斜面に数段の腰曲輪群が築かれ、一方、主郭背後の南尾根には3本の堀切が見られる。堀切は、1本目だけがしっかり穿たれているが、他の2本は自然地形にちょっと手を加えた程度のささやかなものである。矢倉城は、小規模かつ普請も不徹底で、堀切は小さく曲輪の削平も全体的に甘い。物見を主眼とした小城砦だった様である。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.444416/138.042698/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
タグ:中世山城
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る