So-net無料ブログ作成
検索選択

黒岩楯(宮城県栗原市) [古城めぐり(宮城)]

IMG_4375.JPG←ニノ郭の櫓台と竪土塁
 黒岩楯は、源頼朝が奥州藤原氏を攻め滅ぼした奥州合戦の際に、藤原泰衡の家臣若九郎大夫が拠点としたと言われている。『吾妻鏡』には「黒岩口」と記されている。一方、鶴丸城主郭より谷戸を挟んで僅か300m程しか離れていないことから、鶴丸城の出城であったとも考えられている。

 黒岩楯は、前述の通り鶴丸城の至近に位置する標高110mの山上に築かれている。比較的小規模な城ではあるが、山頂の主郭から西側に階段状にニノ郭・三ノ郭と2段の曲輪が展開し、これら2つの曲輪の北辺は主郭から竪土塁が一直線に下っている。この土塁は曲輪間の登道も兼ねていたと思われる。一番下の三ノ郭では先端部が90度折れ曲がって5m程伸びている。更にニノ郭の竪土塁脇はニノ郭平面より一段高い方形の平場となっており、形状からして櫓台が置かれていた様だ。三ノ郭は南半分だけがL字状に張り出した形状で、西の谷戸に向かって横矢が掛けられている。一方、竪土塁は主郭の南東にも短く張り出しており、主郭南側まで伸びた腰曲輪状の二ノ郭と東側の腰曲輪を分断している。この下には虎口を兼ねた堀切があって、南出曲輪が築かれている。主郭の北側は横堀状の腰曲輪があり、北側に櫓台が築かれている。この横堀状腰曲輪の北には、小郭群を連ねた竪土塁状の曲輪群が築かれていて、最下段は物見台状の平場となっている。竪土塁状曲輪群の北(外側)に沿って通路があり、大手道だったらしい。この大手道は最上部で前述の櫓台に突き当たって、坂虎口で横堀状腰曲輪に繋がっている。黒岩楯は、小規模ながらも技巧的な縄張りが垣間見られる。縄張りを見る限り、鶴丸城との連携を意識した様子はなく、極めて独立性が高い。しかし戦国期の遺構であることは間違いないと思われ、鶴丸城と並立した期間はあったものと推測されるので、どのように連携していたのかは今後の考究に待ちたい。
主郭北側の横堀状腰曲輪と櫓台→IMG_4400.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/38.837652/140.989941/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0

※東北地方では、堀切や畝状竪堀などで防御された完全な山城も「館」と呼ばれますが、関東その他の地方で所謂「館」と称される平地の居館と趣が異なるため、両者を区別する都合上、当ブログでは山城については「楯」の呼称を採用しています。
タグ:中世山城
nice!(4)  コメント(0) 

鶴丸城(宮城県栗原市) [古城めぐり(宮城)]

IMG_4253.JPG←ニノ郭群東の畝状竪堀
 鶴丸城は、別名を岩ヶ崎城とも言い、葛西氏の家臣富沢氏の居城である。富沢氏は元々葛西氏の庶流であったと言われ、その祖右馬之助が南北朝時代の岩切城合戦の際に吉良貞家に味方した軍功により、三迫富沢郷を賜って鶴丸城を築いて居城とした。右馬之助は名を富沢日向道祐と改め、以後明岩・直家・直綱・直景と5代に渡り、代々日向守を名乗った。富沢氏の支配地域は大崎氏の領国と近かった為、後に大崎氏に仕えるなど、葛西氏に抗する動きを見せるようになった。特に戦国後期に入ると、4代直綱は葛西晴信に対して度々反乱を起こし、晴信はこうした富沢氏ら領内の有力国人衆の反乱鎮圧に忙殺された。天正年間(1573~92年)に入ると、伊達氏に誼を通じるなど、終始葛西氏に対する対抗姿勢を崩さなかった。しかし強勢を誇った富沢氏も、1590年、5代直景の時に豊臣秀吉の小田原征伐の不参のため、葛西氏と共に改易された。葛西大崎一揆の際には、葛西晴信の軍に付いて佐沼城に立て篭もり、伊達政宗の軍勢に攻められて討死し滅亡した。富沢氏滅亡後、鶴丸城は伊達政宗の5男宗綱、6男宗信の居館となり、茂庭周防の補佐により5万石の城下町を築こうとしたが、いずれも夭逝して成らなかった。その後、石母田・田村・古内・茂庭の各氏が入部し、最後は中村氏が170年にわたって支配して幕末まで存続した。

 鶴丸城は、栗駒小学校の北にそびえる標高100m、比高70mの丘陵上に築かれた城である。広い城域を有した城で、大きく4つの曲輪群と、そこから派生する尾根状の曲輪群で構成されている。最も西の最高所に主郭があり、その東に堀切を挟んでニノ郭、更にやや離れて東に三ノ郭・四ノ郭が築かれている。いずれの曲輪にも腰曲輪が築かれている。主郭は南尾根に腰曲輪が連なり、二ノ郭・三ノ郭は北東の尾根上に腰曲輪が連なっている。薮でわかりにくいが、先端には小堀切も穿たれている。四ノ郭は上下2段の平場に分かれ、更に外周に腰曲輪が廻らされている。南には虎口が築かれ、虎口脇に竪堀が穿たれて防御を固めている。この城で特徴的なのは二ノ郭群の東斜面に大きく展開した大きな畝状竪堀である。しかし斜度の緩い斜面に穿たれており、どこまで防御性を発揮したのかはよくわからない。畝状竪堀よりも、急峻な切岸にした方が防御性が高いように思われる。鶴丸城は、全域が公園化されており、歩いて回るのには良いが、肝心の遺構は公園化による改変が多く、今一つ感心しない。姫松楯を手本にして欲しいところである。

 それにしても鶴丸城は完全な山城であり、これを元和の一国一城令以後も取り立てていた伊達政宗は、徳川幕府を舐めきってるとしか思えない。伊達氏は、この城に限らず領内各所の要害といい、一国一城令を完全に無視した態度はさすがにふてぶてしい。
主郭から見たニノ郭→IMG_4194.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/38.835897/140.992302/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
nice!(7)  コメント(0) 

渕牛楯(宮城県栗原市) [古城めぐり(宮城)]

IMG_4052.JPG←主郭北西端の円弧状の横堀
 渕牛楯は、往古は華山城と称し、また『日本城郭大系』では花山館と記載され、俘囚長・厨川次郎安倍貞任の拠った城と言われている。築城はその父安倍頼時によると伝えられ、頼時・貞任父子は鬼切部の戦いで渕牛楯を基地として善戦したと言う。前九年の役で、貞任は猿飛を岩石・丸太で堰き止め、水を湛えて守りを固めていた。1062年夏、源頼義・義家の軍勢2700余騎は裏手の軍沢より渕牛楯を包囲した。貞任軍はよく戦ったが利あらず、貞任は一部の手兵と共に脱出して衣川に退いたが、城兵は全員討死にして落城したと言う。落城後は源氏の家臣佐藤左衛門公清の居城となり、1398年まで佐藤氏が代々支配した。その後、葛西氏、大崎氏に属し、伊達政宗の時に廃城となったと言う。

 渕牛楯は、人造湖である花山湖に突き出た標高250mの丘陵上に築かれている。城跡へは北東麓からのルートや吊橋を渡る南麓からのルート等、複数の登道が整備されている。近いのは北東ルートだが、湖上に浮かぶ山容を写すには南麓からの方が良い。結構急峻な登道を登って尾根に取り付き、北東へと辿って行くと、四阿の建つ小ピークに達する。ここが物見台だったらしく、北側に数段の段曲輪が築かれている。主郭はここから真北に尾根の鞍部を越えた先にある。この尾根の両側には帯曲輪が築かれている。西側には帯曲輪の下に二重横堀が穿たれている。一方、東側のすり鉢状の谷戸にも、円弧を描くように二重横堀が穿たれている。この東西の二重横堀は、いずれも主郭外周の横堀に繋がっている。主郭はハート形をした広い曲輪で、外周に横堀が穿たれている。この横堀は一部は腰曲輪状になっている他、北西から西面にかけては円弧を描いた二重横堀となっている。物見台と繋がる尾根と主郭との間は、浅い堀切で区画され、中央に土橋が掛かっている。土橋の西側の堀切はそのまま竪堀となって腰曲輪に落ちているが、どうも竪堀状の虎口であったらしい。更にその下方にも位置をずらして竪堀虎口が二重横堀に作られており、横堀と連携させた変則的な枡形虎口を形成していた様である。二重横堀と桝形虎口と言えば、出羽置賜地区には数多い、伊達氏系山城の特徴であることから、渕牛楯も元々の創築は別として、最終段階の改修は伊達氏によって行われたと推測するのが妥当と思われる。ほぼ単郭の城であるが伊達氏系城郭の特徴が垣間見れて面白い。
主郭~物見台間の堀切・土橋→IMG_4111.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/38.783829/140.861775/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0

※東北地方では、堀切や畝状竪堀などで防御された完全な山城も「館」と呼ばれますが、関東その他の地方で所謂「館」と称される平地の居館と趣が異なるため、両者を区別する都合上、当ブログでは山城については「楯」の呼称を採用しています。
nice!(6)  コメント(0) 

赤松楯(宮城県栗原市) [古城めぐり(宮城)]

IMG_3909.JPG←主郭の北東隅櫓台
 赤松楯は、『安永風土記』によれば楯主は初め奥州藤原氏の家臣佐藤継信(源義経の家臣として有名)で、後に狩野式部少輔が楯主になったと伝えられている。また赤松楯東麓には吉祥寺があるが、その西側に数段の整地面があり、同じく風土記によれば佐藤継信在城の時に、吉祥寺・中世寺・光隆寺という3つの寺院が造営されていたと言う(赤松館関連寺院跡)。佐藤継信は伝説としても、3つの寺を造営するほどの勢力を有した土豪の拠った城であったのだろう。これらを記した城址標柱が吉祥寺門前に建っている。

 赤松楯は、一迫川北岸の標高125m、比高65mの丘陵上に築かれている。特に明確な道はないが南麓の熊野神社の裏から尾根沿いに登ることができる。この尾根沿いに腰曲輪状の平場が上まで伸びており、これが大手道らしい。この大手道の左側沿いに竪土塁が延々と築かれている。この竪土塁は大手道を登ってくる敵を迎撃する役目を持っており、所々に小郭があって物見台となっている。竪土塁は主郭前面の腰曲輪に繋がっている。城の主要部は3つの曲輪で構成されており、南から順に主郭・ニノ郭・三ノ郭となっていたと考えられる。主郭は横長の方形に近い曲輪であるが、四隅が外側に張り出して横矢掛かりを意識した形状であり、防御も最も厳重で、前述の前面腰曲輪の他に南東側にも土塁を備えた腰曲輪を築いている。大手道はこの南東腰曲輪の下を通っている。主郭周囲はしっかりとした切岸で囲まれ、北東には大きな隅櫓台が築かれている。この隅櫓台近くに虎口が開かれている。主郭背後は箱堀状の幅広の堀切となっており、実質的に腰曲輪を兼ねていたらしい。この堀切の南東端は竪堀状の虎口となっていて、前述の大手道はここに繋がっている。堀切の北にニノ郭があり、横長の長方形の曲輪となっている。北東辺に土塁が築かれ、主郭同様にこの面に虎口が築かれている。ニノ郭背後も堀切が穿たれ、三ノ郭に至る。三ノ郭は不思議な構造で、山形の湯田川館群(藤沢楯石堂山楯)の様な櫛歯状空堀が平場の両側に穿たれている。しかしここの櫛歯状空堀はどうも材木伐採によるものらしく思われる。三ノ郭背後にも土塁と浅い堀切があって城域が終わっている。赤松楯は中々の規模を持った城で、土豪勢力の主城として機能したことが伺われる。
ニノ郭の堀切と虎口→IMG_3919.JPG
IMG_3924.JPG←三ノ郭内の謎の櫛歯状空堀
 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=38.767285,140.913262&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0

※東北地方では、堀切や畝状竪堀などで防御された完全な山城も「館」と呼ばれますが、関東その他の地方で所謂「館」と称される平地の居館と趣が異なるため、両者を区別する都合上、当ブログでは山城については「楯」の呼称を採用しています。
タグ:中世山城
nice!(5)  コメント(0) 

鹿鼻楯(宮城県栗原市) [古城めぐり(宮城)]

IMG_3802.JPG←曲輪間を分割する堀切
 鹿鼻楯は、長崎城とも言い、長崎四郎隆実の城と言われている。隆実の事績はよくわからないが、ネットで調べたところ奥州藤原氏4代泰衡の家臣であったらしい。尚、『日本城郭大系』宮城編の巻末「その他の城郭一覧」を見ると、この地方には長崎四郎隆実の伝承のある城館が多数あるので、長崎四郎隆実の城という伝承は俄には信じ難い。
 鹿鼻楯は、長崎川南岸にそびえる比高50m程の丘陵先端に築かれている。丘陵上に高圧鉄塔が建っているため、鉄塔保守道を辿って登ることができる。山麓標柱にある通り、大きな城ではあるが、技巧性はなく、ただやたらと広い曲輪で構成されている様である。歩いてみた限り、どうやら3つの広大な曲輪を浅い堀切で分割した縄張りだった様で、更にこれらの主要な曲輪の周りに一段低い腰曲輪を築いて外周を防御している。とにかくただだだっ広いだけの城で、どこまでが城域かも判然としない。面白みに欠け、藪の中を当てもなく彷徨うだけのような感じで、あまり満足感の得られる城ではなかった。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=38.740427,140.925665&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0

※東北地方では、堀切や畝状竪堀などで防御された完全な山城も「館」と呼ばれますが、関東その他の地方で所謂「館」と称される平地の居館と趣が異なるため、両者を区別する都合上、当ブログでは山城については「楯」の呼称を採用しています。
タグ:中世山城
nice!(4)  コメント(0) 

町田楯(宮城県栗原市) [古城めぐり(宮城)]

IMG_3742.JPG←主郭外周の横堀
 町田楯は、歴史不詳の城である。城の近くの道路に往古の「奥州上街道」であったことを示す表示があることから、街道を押さえる要害として機能したことが考えられる。
 町田楯は、芋埣川北側に横たわる比高40m程の丘陵の小ピークに築かれている。ほぼ単郭の小規模な城で、主郭の東側から北側にかけて横堀で防御し、西側の尾根筋には三重堀切を穿っている。主郭南東部に虎口があるが、虎口の隣に横堀に繋がる虎口が開かれており、囮虎口の様にも見受けられる。また、前述の三重堀切から落ちる竪堀の下端は腰曲輪に接続しており、この腰曲輪は延々と南斜面に伸びている。小規模ではあるが、細かい技巧性を持った城で、なかなか面白い。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=38.77125,140.961499&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0

※東北地方では、堀切や畝状竪堀などで防御された完全な山城も「館」と呼ばれますが、関東その他の地方で所謂「館」と称される平地の居館と趣が異なるため、両者を区別する都合上、当ブログでは山城については「楯」の呼称を採用しています。
タグ:中世山城
nice!(7)  コメント(0) 

真坂楯(宮城県栗原市) [古城めぐり(宮城)]

IMG_3651.JPG←主郭西側の堀切
 真坂楯は、大崎氏の家臣狩野氏(一迫氏)の居城と言われている。豊臣秀吉の奥州仕置で大崎氏が没落し、1591年に伊達領となると、伊達氏譜代の重臣冨塚宗綱が真坂楯主となった。以後、1717年に冨塚重標が領地を没収されるまで、約130年に渡って冨塚氏歴代の居城となった。冨塚氏の後、1718年に仙台伊達家の重臣白河宗広が真坂楯主となった。宗広は、奥州の白河結城氏の後裔で、その母が伊達騒動の際に幼君亀千代(後の綱村)を守りぬいた功で、「御一門」格に列せられ数々の恩遇を受けた。以後白河氏が歴代の楯主となって幕末まで存続した。

 真坂楯は、一迫川北岸にそびえる龍雲寺背後の標高98mの山上に築かれている。真坂楯の東方900mの位置には、巨大山城 姫松楯が存在する。真坂楯は、簡素な構造の素朴な縄張りで、山頂に主郭を置き、その東斜面や北斜面に腰曲輪を数段配置している。東斜面の腰曲輪は墓地となっているので、後世の改変の可能性があるが、北斜面のものは主郭裏の二段の馬蹄段など、往時の遺構であることが明瞭である。その北西にも腰曲輪が広がり、虎口遺構も確認できる。龍雲寺からの登道が大手と思われるので、こちらは搦手であろう。この他、主郭から堀切を挟んで西側にも平場が広がっているが、一面の薮で確認は困難である。主郭に白河宗広の母(政岡)の墓があるので登るのは容易であるが、腰曲輪など周囲の遺構は藪に埋もれている。真坂楯は、その伝承からすれば戦国時代から存在した城であるが、隣に巨大城郭の姫松楯があるのになぜ築かれたのか、謎が多い。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=38.749699,140.951715&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0

※東北地方では、堀切や畝状竪堀などで防御された完全な山城も「館」と呼ばれますが、関東その他の地方で所謂「館」と称される平地の居館と趣が異なるため、両者を区別する都合上、当ブログでは山城については「楯」の呼称を採用しています。
タグ:中世山城
nice!(4)  コメント(0) 

姫松楯(宮城県栗原市) [古城めぐり(宮城)]

IMG_3320.JPG←中館背後の二重横堀
 姫松楯は、奥州藤原氏の家臣井ノ山雅楽之丞の城とも、或いは大崎氏の家臣湯山雅楽允の城とも伝えられているが詳細は不明。井ノ山雅楽之丞は、近郷の藤原氏家臣統率しており、1190年に藤原氏残党の大河兼任の乱を援けてこの楯に拠り、鎌倉方の千葉新介・足利上総前司・小山五郎などの東国御家人達を迎え撃って敗れたと言われている。しかし現在残る遺構からすれば、戦国期に改修を受けたことは疑いない。

 姫松楯は、一迫川北岸にそびえる標高90mの断崖上に築かれた城である。現在は姫松館森林公園として整備されており、非常に良質な遺構がよく確認できる。東西550m程にも及ぶ巨大な山城で、大きく3つの城域に分かれるとされる。即ち、西館・中館・東館で、それぞれ多重堀切で分断されている。西麓から伸びる山道を登って行くと最初に現れるのが西館で、頂部の曲輪に祠の祀られた櫓台が備わり、南に向かって数段の段曲輪群が連なり、背後は横堀・土塁で防御されてた、簡素な構造の曲輪群である。ここから東に行くと、三重堀切を越えて中館に至る。中館は東西二郭と間を繋ぐ馬出しで構成されている。中館は東西二郭共に、北面に二重横堀を穿って防御しているが、主郭に当たる西郭のものは特に規模が大きく、しっかり普請されたもので、主郭東西の堀切に接続している。堀切にはいずれも土橋が掛かり、虎口はいずれも土塁で防御されているが、形式は平易な坂虎口である。中館東郭には大きな櫓台が備わり、南斜面に腰曲輪群を築いている。中館から更に二重堀切を越えると東館に至る。東館は最も広い面積を持ち、内部は更に数個の曲輪に分かれている。便宜上これらを、西郭・中郭・中二郭・東郭と呼ぶことにする。西郭~中二郭は、北面に横堀を穿ち、南斜面に多数の腰曲輪群を備えている。ここの腰曲輪群は、明確な切岸で区画され、城内では最も普請がしっかりした腰曲輪群である。中郭~中二郭間は二重堀切で分断され、この二重堀切は南側で二重竪堀となって落ち、更に西側の竪堀はクランクしながら腰曲輪群外周の横堀に変化している。中二郭~東郭間は仕切り土塁で区画されている。東館では東郭だけが二重横堀で外周を囲んでおり、中二郭との間で大きな竪堀・竪土塁を南斜面に築いて分断している。これらの他、東館の腰曲輪最下段からは竪堀が何本も落ちている。

 以上が姫松楯の概要で、かなり広範囲に普請が行われ、しかも二重堀切・横堀等を多用した縄張りとなっている。中でも曲輪外周を巡る二重横堀は伊達氏系山城に見られる特徴であるが、一方で伊達氏系山城のもう一つの特徴である端正な枡形虎口はここでは見られない。全て平易な坂虎口で構成されている。城の規模から推測して地方の土豪クラスの城とは考えにくいが、どの勢力による構築であるかは不明である。姫松楯は、公園化の整備が良好で、遺構の破壊は僅かに抑えられているのが好印象である。しかし標柱や縄張りの詳細解説は無いので、キャッスラーでなければ、何がなんだかさっぱりわからないだろう。しかし宮城北部では屈指の遺構で、必見である。
中館の二重堀切→IMG_3397.JPG
IMG_3489.JPG←東館・中二郭の腰曲輪群
東館・東郭の二重横堀→IMG_3539.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=38.748544,140.962164&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0

※東北地方では、堀切や畝状竪堀などで防御された完全な山城も「館」と呼ばれますが、関東その他の地方で所謂「館」と称される平地の居館と趣が異なるため、両者を区別する都合上、当ブログでは山城については「楯」の呼称を採用しています。
タグ:中世山城
nice!(4)  コメント(0) 

宮野城(宮城県栗原市) [古城めぐり(宮城)]

IMG_3257.JPG←ニノ郭の堀切と腰曲輪櫓台
 宮野城は、現地の墓碑によれば、葛西清重の4男重信が1189年に父清重に従って奥州に下向し、1249年に栗原郡宮野郷に宮野城を築いて居城とし、宮野氏を称したと言う。しかし『米良文書』では清重4男は重村とされ、しかも重村の子友村の代でも宮野氏を称したことは記されていない。これは宮野氏が系図を作ったか、系図に混乱があるかどちらかであろう。

 宮野城は、標高65mの丘陵上に築かれた城である。現在主郭は公園化されており、山麓からの山道が整備されていて、車でも途中まで登ることができる。主郭を中心に、派生する尾根に曲輪群を配した縄張りで、主郭背後には堀切を介してニノ郭が広がっている。ニノ郭への登道は往時の虎口と思われる。ニノ郭の北東にも小堀切を介して櫓台を備えた腰曲輪が伸び、それぞれ外周には帯曲輪も伴っている。ニノ郭にはこの小堀切の上方に小さな隅櫓台も築かれている。この他の尾根上の曲輪群は未整備で藪に埋もれている。宮野城は見たところ、古い形態の城であるが、普請は明瞭であり、中世初期の城の雰囲気をよく残していると思われる。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=38.753866,141.016517&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
タグ:中世山城
nice!(6)  コメント(0) 
メッセージを送る