So-net無料ブログ作成

蕨城(群馬県富岡市) [古城めぐり(群馬)]

IMG_7690.JPG←二ノ郭の堀切
 蕨城は、根古屋城とも呼ばれ、歴史不詳の城である。多比良城仁井屋城・麻場城といった諸城砦と類似した構造であることから、これら諸城と同時代に築かれ、国峰城主小幡氏に属していたのではないかとの説が提示されている。
 蕨城は、星川支流の蕨川と根古屋川に挟まれた、比高40m程の台地上に築かれている。城内は一部藪のほかはほとんどの部分が畑地となっている。東の車道脇から畑に登る道が付いている。台地先端近くに方形の主郭と二ノ郭を南北に連ね、主郭の周囲に腰曲輪とその南に三ノ郭を置き、更に三ノ郭の西に2段の腰曲輪、東には4郭、4郭の東にも腰曲輪を置いた縄張りとなっている。主郭と二ノ郭の間の堀切は耕地化で埋められたのか、かなり浅くなっているが、幅は広い。二ノ郭北側の台地基部にも堀切が穿たれているが、こちらは幅は狭いが深さはしっかりしている。また主郭西側の腰曲輪には土塁が築かれている。三ノ郭は2段の平場に分かれているようだが、進入不能のガサ藪で未確認である。確かに多比良城等とよく似た構造だが、規模がひと回り小さく、あまり技巧性も感じさせない。居館的機能の城と思われるが、その割に伝承が残っていないのが不思議である。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.279232/138.937333/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1


信濃をめぐる境目の山城と館 上野編

信濃をめぐる境目の山城と館 上野編

  • 作者: 宮坂武男
  • 出版社/メーカー: 戎光祥出版
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


タグ:中世崖端城
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

メッセージを送る