So-net無料ブログ作成

飯塚館(宮城県登米市) [古城めぐり(宮城)]

IMG_9622.JPG←水堀跡
 飯塚館は、加賀野城とも言い、葛西氏の家臣飯塚氏の居館である。飯塚氏は米谷城主亀卦川千葉氏の庶流で、米谷城主6代亀卦川盛胤の弟長明の3男重明が加賀野に分封されて飯塚氏を称した。天正年間(1573~92年)には飯塚山城持親(真満)の子飯塚修理が城主であった。1591年の葛西大崎一揆の際、父山城は佐沼城の一揆勢に加わって立て籠もったが、7月4日に伊達軍の攻撃を受けて討死し、加賀野城外竹林の中に葬られたと言う。修理はこの時疾病により参陣出来ず、父の没後14日後に没した。
 飯塚館は、現在の加賀野八幡神社の地にあった。境内には特に明確な遺構は見られない。境内の周囲は民家となっている。わずかに境内の裏手に水堀跡があり、北の民家との間に堀状の窪地が見られるに過ぎない。社殿の脇に城址立看板が建っている。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/38.696220/141.217382/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
nice!(8)  コメント(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

メッセージを送る