So-net無料ブログ作成

遠山城(茨城県牛久市) [古城めぐり(茨城)]

IMG_8044.JPG←北端の空堀
 遠山城は、歴史不詳の城である。一説には、関東管領山内上杉氏の家臣長尾憲景が、室町初期にこの地を与えられて遠山城を築いたとも言われるが、明証はない。
 遠山城は、牛久城から小河川を挟んだ東側の台地上に築かれている。南北2つの城域から成っており、南側の段丘先端部が主郭、北側の台地基部が外郭であったと推測される。主郭は現在畑になっており、平場がある以外は明確な遺構は確認できない。主郭と外郭の間は谷戸状の窪地で、車道が東西に貫通し、民家が立ち並んでいるが、往時は主郭と外郭を区画する堀切の役目を果たしていただろうことは想像に難くない。外郭は、民家や空き地となっており、北端部に鹿島神社が鎮座し、その北側に土塁と堀切が確認できる。堀切の東端は竪堀となって落ちている。結局、明確な城郭遺構としてはこの土塁と堀切だけで、それ以外は宅地化・耕地化による改変が進んでおり、不明瞭である。いずれにしても、古い形態の小規模な城砦であった様である。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/35.951912/140.139756/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
タグ:中世崖端城
nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

メッセージを送る