So-net無料ブログ作成

梁川宗元屋敷(宮城県登米市) [古城めぐり(宮城)]

IMG_4397.JPG←標柱の建つ屋敷地
 梁川宗元は、白石宗直の3男である。白石宗直は、元々梁川宗清の子であったが、岳父である白石宗実の養子となってその後を継ぎ、水沢城主となり、後に寺池城に転封となって登米伊達氏の初代となった。この為、宗直の3男又四郎宗元が、祖父梁川の姓を継ぎ、米谷村北方の鱒渕村・狼河原村143貫文を領し、米谷村吉田に屋敷を構えた。その後、治水・灌漑工事に力を尽くしたが、1640年に34歳の若さで没した。宗元の長男百助がまだ3歳だったため、仙台藩2代藩主伊達忠宗が宗元の妻(原田甲斐の姉)に自分の所に来るように勧めたがこれを断った。2年後に栗原郡の上遠家に後妻に入ると、これを聞いた忠宗は怒り、梁川家を断絶とし、百助はお預けの身となったと言う。

 梁川宗元屋敷は、国道346号線沿いに標柱が建っている。高荒神山南麓の谷戸部に当たり、現在民家が建っている一帯に屋敷が建っていたものだろう。宮城県遺跡地図には記載がないことから、遺跡とは認定されていない様だ。たまたま通りかかって標柱を見つけた次第である。尚、ここから北東2.4kmの位置にある頼光寺に、梁川宗元夫妻の墓がある。珍しい宝篋印塔で、「隅飾(すみかざり)」と呼ばれる角の突起の部分に、○・十字・◇等のマークが刻まれている。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/38.738921/141.306496/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
タグ:居館
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

メッセージを送る