So-net無料ブログ作成

大衡城(宮城県大衡村)

IMG_1356.JPG←主郭南の物見台
 大衡城は、越路館とも呼ばれ、大崎氏の一族黒川氏の庶流、大衡氏の居城である。下草鶴楯城主黒川下総守景氏の次子、大衡治部大輔宗氏が1544年に築城した。黒川氏は大崎氏の一族として大崎氏との強い紐帯で繋がっていたが、戦国期に入り南の伊達氏の勢力が北上してくると、大崎氏を離れて伊達氏に属し、その為北の大崎領に対する備えとして、黒川氏領の北方防衛の拠点として築かれたものと思われる。その後1590年、宗氏の子氏胤の時に豊臣秀吉の奥州仕置で廃城となった。

 大衡城は、善川とその支流の合流点北側にそびえる比高30m程の丘陵先端に築かれている。現在は主郭部分が城址公園として整備され、大衡城青少年交流館という建物が模擬天守風の造りで立てられるなど、一部破壊を受けている。しかし主郭内部は改変されているが、周囲は旧状を多く残している。主郭外周部はほぼ完存し、横矢掛かりの塁線の張出しや土橋で連結された南の物見台などが確認できる。殊に南斜面の腰曲輪群は見事で、最下段付近にはL字状の横堀もある。また、この腰曲輪群には一部に縦堀も見られる。南に付いている公園への登城路も、往時の大手道をそのまま残しているということで、枡形状の屈曲や登城路側方の土塁、大手門の櫓台などもよくその形状を残している。しかし、この登城道や城内見学路は全て舗装されているため、遺構は一部破壊されているのは城址公園としては好ましくない。この他、主郭の北側は、腰曲輪状の二ノ郭で一部土塁が残存しているものの、駐車場に改変されてしまっている。昭和20年代の航空写真を見ると、主郭北東に現在住宅地が広がる台地基部に三ノ郭があり、その東側に堀切を穿って防御していたらしい。改変されてしまった城址公園にしては、中世城郭としての雰囲気をよく残しているが、失われた部分については惜しいという他はない。
南腰曲輪群中の横堀→IMG_1346.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/38.461436/140.880260/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

メッセージを送る