So-net無料ブログ作成

羽生城(埼玉県羽生市) [古城めぐり(埼玉)]

DSC06437.JPG←城址碑の建つ古城天満宮
(2007年6月訪城)
 羽生城は、上杉謙信の関東攻略の前線基地となった城である。元々は天文年間(1532~55年)に古河公方足利晴氏の家臣広田式部大輔直繁・木戸忠朝の兄弟によって築かれた。1552年、小田原北条氏が羽生城を攻め落とし、中条出羽守が城代となった。1560年、上杉謙信が初めて越山して関東に進撃すると、羽生城も攻め落として直繁・忠朝兄弟に城を与え、以後羽生城は謙信の関東攻めの最前線基地となった。翌61年、忍城の成田下総守長泰に対する守りを固める為、謙信は皿尾城を築いて木戸忠朝(監物入道玄斎)を皿尾城主に移した。1568年、武田信玄の駿河侵攻によって甲相駿三国同盟が破棄されると、北条氏康は信玄に対抗するため、上杉謙信と越相同盟を結んだ。同盟中の1570年、直繁は館林城へ移され、代わって弟忠朝が羽生城へと入った。その後、越相同盟は実効性に乏しかった為、1571年、氏康の死とともに同盟が破棄され、再び北条・武田両氏の間に甲相同盟が結ばれた。これによって関東の野は再び北条・上杉両勢力の抗争の場となった。しかし北条氏は着実に勢力を拡張し、遂に1574年、謙信は越後と遠い羽生城を放棄・破却し、忠朝以下の城兵を上野膳城へと移した。翌75年、羽生城は北条氏麾下の忍城主成田下総守氏長が支配し、その一族成田大蔵少輔長親が羽生城代となった。1590年の小田原の役の際には、時の羽生城代善照寺向用斎は氏長の命により、羽生城を捨てて忍城に籠城した。北条氏と共に成田氏が滅亡すると、関東に入部した德川家康の重臣大久保忠隣に羽生城が与えられた。忠隣は後に父忠世の死により小田原城主となり、羽生城主を兼務したが、1614年、忠隣が改易されると羽生城は廃城となった。その後も遺構は残っていたらしいが、幕末の1867年に羽生陣屋が新たに構築された際、城跡は悉く破壊されたと言う。

 羽生城は、沼地に面した平城で、浮島のように曲輪が連なる城であったらしい。古絵図によれば、主郭を中心に円弧状に幾重にも曲輪が取り囲む縄張りで、平地続きの南と南西にも沼が外堀となって、天然の要害であった様である。現在は完全に市街化しており、遺構は完全に湮滅している。おそらく曙ブレーキ本社の敷地あたりに主郭があったのだろう。少し南の羽生市役所付近も城域だったと思われる。古城天満宮が建つ場所が天神曲輪跡と言われ、現在城址碑と解説板が建つ。また曙ブレーキから南西に少し離れて建っている高山稲荷は、以前は城山稲荷と呼ばれ、羽生城の西の外郭にあったらしい。いずれにしても、その姿はすでに地上から永遠に失われている。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.175747/139.550164/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

メッセージを送る