So-net無料ブログ作成

石塚城(茨城県城里町) [古城めぐり(茨城)]

IMG_4981.JPG←主郭の空堀
 石塚城は、佐竹氏の庶流石塚氏の居城である。佐竹氏第10代義篤の次男宗義が、1362年に石塚郷に分封されて石塚氏を称し、石塚城を築いた。以後、戦国末期まで代々この地を統治してきたが、1595年に佐竹一族の小場氏から入嗣した石塚義辰が片野城に移封となると、代わって佐竹氏の一族で重臣でもあった東中務義久(佐竹東家)の管理下に入った。1602年、佐竹義宣が秋田に転封となると、石塚城は廃城となった。

 石塚城は、那珂川の氾濫原に面した比高30m程の段丘端部に築かれた城である。群郭的な縄張りの城で、主郭は中央の「御城」と呼ばれる曲輪で、外周を深い空堀や土塁で防御している。主郭の東隣りにニノ郭があり、外郭と土橋で繋がり、やはり外周に土塁や空堀が廻らされている。二ノ郭では特に、北側の段丘斜面上にも横堀が穿たれており、見ようによっては主郭より防御が厳重である。主郭の南や西にも曲輪跡が残り、一部湮滅しているものの空堀が部分的に残存している。民家に近いながら、非常に良好に遺構が残っており、是非末永く遺構を保存していってもらいたいものである。
ニノ郭北側斜面の横堀・土塁→IMG_5020.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/36.486574/140.376638/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=_ort&vs=c1j0l0u0f0
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

メッセージを送る