So-net無料ブログ作成

伽羅御所(岩手県平泉町) [古城めぐり(岩手)]

IMG_8855.JPG←御所跡付近の現況
 伽羅御所は、奥州藤原氏3代秀衡の居館である。秀衡は、北方の王者として奥六郡に君臨し、清衡以来3代の居館であった柳之御所を大改修して政庁と為し、新たな居館として伽羅御所を築いたと言われている。秀衡の死後は、その後を継いだ4代泰衡に受け継がれたが、1189年に源頼朝によって平泉は攻め滅ぼされ、その繁栄は永遠に消え失せた。
 伽羅御所は、鎌倉幕府の正史『吾妻鏡』によれば、無量光院の東門に一郭を構えていたとされる。現在は宅地に変貌し、往時の面影は見る影もない。現地解説板には「わずかに内濠の跡や土塁の一角をとどめる」とあるが、どれが遺構だかはっきり言って全くわからない。あったとしても民家の敷地内で、見ることは困難であろう。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=38.990687,141.118269&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
タグ:居館
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

メッセージを送る