So-net無料ブログ作成

朝倉氏屋敷(静岡県静岡市葵区) [古城めぐり(静岡)]

DSC00278.JPG←屋敷地付近の現況
 朝倉氏屋敷は、一乗谷を本拠とした越前朝倉氏の庶流、柿島朝倉氏の居館である。越前の戦国大名朝倉貞景の次男景高は兄孝景と不和となり、永正年間(1504~21年)に子の六兵衛在重と共に今川氏親を頼って柿島に移住したと言われている。柿島朝倉氏は、今川氏没落後も一旦は反武田の一揆を起こすが、後に武田氏に従属し、武田氏滅亡後は朝倉宣正が徳川氏に仕え、後に駿河大納言忠長(3代将軍家光の弟)の付家老として掛川城主となったと言う。
 朝倉氏屋敷は、山間部の傾斜地に位置し、現在は茶畑に変貌しており、明確な遺構は残っていない。しかしこの傾斜地南端の高台には朝倉氏歴代の墓所があり、墓に刻まれた家紋は、正に越前朝倉氏の家紋そのものであった。本家の朝倉氏は織田信長に滅ぼされたが、遠い駿河でこうして命脈を保っていたとは、不思議な運命という他はない。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/35.154337/138.328332/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

メッセージを送る