So-net無料ブログ作成

善得寺城(静岡県富士市) [古城めぐり(静岡)]

DSC04494.JPG←解説板と石垣
 善得寺城は、1417年に駿河の守護大名今川範政が築いたと言われている。当時、富士川以東一の大寺院であった善得寺に併設される形で築城され、今川氏の軍事・政治的拠点となった。1554年に甲相駿三国同盟が締結された折には、善得寺で今川・北条・武田の3大名の会盟があったとの伝承があるが、史実としては疑わしいとされている。後に武田氏が同盟を破棄して駿河に侵攻すると、1569年に善得寺城は兵火に掛かって焼失した。
 善得寺城は、早くに失われた為、城の所在地・構造・規模等は不明である。ただ日吉浅間神社付近に「城山」の地名が残るため、その付近であろうと推定されているに過ぎない。付近は市街化・宅地化で改変されているが、台地上の解説板が建っている場所には石垣の枡形が築かれている。これは遺構を復元したものであろうか?日吉浅間神社付近には腰曲輪状の平場があり、台地麓の平地には外堀として機能したと思われる和田川が流れ、城の名残を思わせる。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/35.166547/138.687297/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

メッセージを送る