So-net無料ブログ作成
検索選択

尻内城(栃木県栃木市) [古城めぐり(栃木)]

DSC04585.JPG←祠のある平場
 尻内城は、佐野氏の一族佐野宗連が天文年間(1532~55年)に築いたと伝えられる山城である。皆川領と境を接し、東は布袋ヶ岡城を経由して宇都宮領・壬生領に通じ、北は粕尾方面、南は皆川城に、西は葛生を経て唐沢山城に通じる交通の要地で、佐野領の最東方を押さえる重要な拠点であったと考えられる。1614年に佐野氏が徳川幕府から取り潰されると、廃城になったと伝えられている。
 尻内城は、山の北側一帯がアゼリアヒルズというゴルフ場に変貌しているが、地形図を見ると山容はほぼ原状を維持しているらしく、「栃木県の中世城館跡」にある略測図とほぼ照合できるため、遺構が残っていると考えて登城した。しかし、東の物見と考えられるピークに腰曲輪状の平場があるほかは、遺構らしいものは確認できなかった。主郭があったと考えられるピークには祠が祀られていて、平場にはなっているが後世の改変の可能性も高く、明確な遺構は確認できなかった。山容は残っているはずなのになぜ遺構がないのか、謎である。「栃木県の中世城館跡」の図の間違いであろうか?

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.39.43.1N36.25.24.2&ZM=9
     http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=139.65864098958&latitude=36.426726922447
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 2

上沢光綱

こんにちは。おひさしぶりでございます。
お城ライフ、いかがお過ごしでしょうか。

さて、尻内城の遺構ですが、書籍の位置とは違うところにあります。あれは縄張図は合っていますが、山を指している位置が違うのです。ゴルフ場には潰されていませんのでご安心ください。

確か、アテンザ23Zさんの指している点の、もっと東の山のほうだったような気がします。また、東側の学校裏山で、神社とP145の小山にも遺構があります。P145の山は超激ヤブとのこと。
なので、尻内城郭郡といえる、広範囲に広がったお城です。

栃木市遺跡分布の調査をしていた方に資料をいただいたので確実です。お時間のある時に訪問してみてください。
by 上沢光綱 (2017-03-30 22:31) 

アテンザ23Z

>上沢光綱さん
貴重な情報ありがとうございます!
そうですか、やっぱり位置が違っていましたか。あまりに現況が縄張図と合わないので、位置が違う気はしていました。
いずれリベンジしてみたいと思います。
by アテンザ23Z (2017-03-31 00:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

メッセージを送る