So-net無料ブログ作成

梁取要害山城(福島県只見町) [古城めぐり(福島)]

DSC02164.JPG←腰曲輪の虎口遺構
 梁取要害山城は、梁取城に関連する山城と考えられているが、その歴史は定かではない。梁取城の西北西1.3kmの標高590m、比高130mの要害山上に築かれており、亀ヶ城とも呼ばれている。これに対して梁取城を鶴ヶ城と称し、2つは兄弟城だったと地元では伝承されている様だ。また一説には、梁取城を平時の居館とし、要害山城を有事の際の詰城としていたのではないかとも推測されている。
 梁取要害山城は、成法寺の裏山に当たる急峻な岩肌が一部露出した山の上に築かれた小城で、主郭と周囲の腰曲輪から構成された極めて小規模な城である。東尾根に段曲輪群があるが、落葉の時期でも草木が多く、確認が容易ではない。また、主郭の北西尾根にも、細長い平場があり、南側下方にやや広い腰曲輪を伴っている。この腰曲輪から尾根上の平場に登る所には、虎口の遺構がある。この虎口は、石の間を切通し状の通路としており、石を木戸口として利用していたものと思われる。いずれにしても、山上の遺構はまさに詰城と呼ぶべき規模で、平時には物見や烽火台としての機能しかなかったと思われる。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/#16/37.296617/139.477639/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

メッセージを送る