So-net無料ブログ作成

権現山城(神奈川県横浜市神奈川区) [古城めぐり(神奈川)]

DSC00740.JPG←権現山城遠望
 権現山城は、伊勢宗瑞(北条早雲)が初めて山内・扇谷両上杉氏と言う関東の大勢力に戦いを挑んだ権現山合戦の舞台となった城である。その創築は明確ではなく、一説には南北朝期の武蔵野合戦の際に、新田義宗・義興らに攻められて鎌倉を逃れた足利尊氏が籠った「狩野川の城」が権現山城であるとも言われ、またその後、伴氏の居城であったとも言われるが、定かではない。権現山城がはっきりと姿を表すのは、前述の権現山合戦の時である。1510年、関東管領山内上杉顕定が越後で敗死し、それを好機到来と見た伊勢宗瑞は、両上杉氏に反旗を翻した。そして扇谷上杉氏の家臣上田政盛を調略して権現山城で反旗を翻させ、自身は住吉の城を取り立てて後詰めとして出陣した。しかし権現山城は2万の上杉勢に囲まれ、衆寡敵せず10日後に落城したと言う。その後、権現山城は姿を消すが、多米氏の築いた青木城は、権現山城の一部本覚寺山を中心郭として、新たに取り立てられたと考えられている。

 権現山城は、現在の幸ヶ谷公園にあった。当然、市街化と公園化で明確な遺構は確認できない。しかし周囲より10m程切り立った段丘で、公園内には段差があり、城らしさを感じさせる地勢である。公園の段差は、ニノ郭であったものかも知れない。また、公園の東側の道路は切通し状になっていて、堀切跡かもしれない。周辺の道路も空堀の名残を感じさせるものがあるが、果たしてどうであろうか。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.37.55.2N35.28.6.5&ZM=9
タグ:中世平山城
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る