So-net無料ブログ作成

青木城(神奈川県横浜市神奈川区) [古城めぐり(神奈川)]

DSC00755.JPG←青木城遠望
 青木城は、小田原北条氏の重臣多米氏の居城である。三河の土豪多米元益は、伊勢宗瑞(北条早雲)にその勃興時より従った伊勢七騎の一として活躍し、小田原城奪取でも先鋒を務めたと言われる。その子元興(周防守か?)は、天文年間(1532~55年)に青木城を構えて居城としたらしい。この時、1510年の権現山合戦の舞台となった権現山城の一部本覚寺山を中心郭として、新たに取り立てられたと考えられている。その後の1569年、武田信玄の小田原侵攻の際に、多米周防守は、北条氏と姻戚関係にあった名族吉良頼康の本城蒔田城を防衛するため、自身の居城青木城を捨てて蒔田城に詰めて武田勢を防いだ。1590年の小田原の役の際には、元興の子多米周防守長定は、御幣山砦の守将大谷帯刀左衛門公嘉と共に上野西牧城に籠って戦い、討死した。北条氏の滅亡に伴って廃城になったと思われる。
 青木城は、JR神奈川駅のすぐ西側の本覚寺の建っている付近にあったと推測されている。段丘上に位置し、明確な遺構はないが、墓地の一部は腰曲輪だった可能性がある。また周囲の道路は空堀跡であろうか?今となっては、勝手に想像を巡らすほかはない。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.37.47.9N35.28.7.5&ZM=9
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る