So-net無料ブログ作成

初デジカメの驚き [雑感]



カメラフィルムの老舗コダックが、
経営危機とのこと。
銀塩カメラを今だに所有している身としては悲しいニュースだが、
デジカメ全盛の時代だから仕方のないことなのだろう。

今から20年ほども前のこと。
カシオがQVシリーズとか言う廉価版のデジカメを
業界に先駆けて発売したのを思い出す。

まだ画素数は少なく、
メモリーカードも存在せず、
好事家のおもちゃだった時代。

友人に新し好きのやつがいて、
出たばかりのデジカメを買ったので見せてもらった。

初めて手にしたデジカメは、まさに革命的だった。
撮ったばかりの画像が、その場で再生して見れるというのは、
その時は何とも新鮮な驚きだった。

これまでの銀塩カメラなら、
カメラ屋さんに現像出して、戻ってきてからでないと
写真の成否がわからなかったのだ。

それから時代は進み、
今では1000万画素以上のハイスペックカメラが、
ポケットに入るコンパクトサイズで普通に売られている。

コダックの記事を見て、
初めてデジカメを手にした時のことを、ふと思い出した。
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る