So-net無料ブログ作成

末吉城(鳥取県大山町) [古城めぐり(鳥取)]

DSC05701.JPG←山中鹿介供養塔と美甘塚
 末吉城は、歴史不詳の城である。わずかに山中鹿介幸盛の尼子氏再興戦の中でその姿を現すだけである。即ち、1571年、尼子勝久を奉じて再挙の旗を押し立てた鹿介は、末吉城に入って大山経悟院・新山城と連携して西伯耆最後の拠点として護りを固めていた。6月に毛利元就が死に、その次男吉川元春は弔い合戦と称して一万余騎の大軍で山陰に向けて進撃し、大山経悟院を討つと呼号していた。しかしこれは偽勢で、不意に反転して末吉城を囲んだ。鹿助率いる尼子方城兵はわずか4~500人で、土塁を高くし空堀を設けたものの、毛利方は6000の兵を総動員して三重楼を造って鉄砲や礫を城内に打ち込んだので、数日間の激戦の末に末吉城は落城し、鹿介は捕らえられて尾高城に幽閉されたと言う。

 末吉城は、尾高城の北北東7.7kmの位置に築かれていたと言われるが、現在周囲は宅地や畑に変貌し、遺構は全く残っていない様である。国道9号線の大山入口交差点脇に末吉城址駐輪場と山中鹿介供養塔、末吉城の悲話にまつわる美甘塚が残っているだけである。しかし、帰ってからYahooMapの航空写真で見たら、交差点南側に城址らしい地形が広がっており、土塁や空堀の残欠がある可能性がある。いつの日か再訪して確認してみたい。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E133.26.46.3N35.28.56.3&ZM=9
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る