So-net無料ブログ作成

村岡城(神奈川県藤沢市) [古城めぐり(神奈川)]

DSC03278.JPG←城址公園の現況
 村岡城は、高谷砦とも呼ばれ、元々は坂東八平氏の祖、村岡五郎こと平良文の居城と伝えられている。平良文は、桓武平氏始祖高望王の子で、兄の平国香・良兼・良持と共に関東で勢力を養った。良文は平将門の叔父でもあり、一族の抗争に端を発した天慶の乱の際の良文の動向は定かではないが、将門滅亡後も勢力を有し、その系譜から関東の名族千葉氏や秩父氏、三浦氏などを輩出した。952年、良文は67歳で村岡の地で没し、その後も子孫は村岡を領し、二伝寺の裏山には、平良文、忠光、忠通三代の塚が残っている。その後の村岡城の歴史は不明である。一方、この地には、戦国時代に小田原北条氏によって、玉縄城の支砦、高谷砦が築かれたと考えられている。御幣山砦二伝寺砦長尾砦と共に、玉縄城を防衛していたものと思われる。1590年に北条氏が滅亡すると、玉縄城と共に廃城になったと考えられる。

 村岡城は、長福寺背後の高台の先端にあり、現在は村岡城址公園となっている。周辺は一面の住宅地と化し、城址公園もただの住宅地の中の公園で、城址の石碑が唯一その歴史を残しているに過ぎない。しかしかつてはH型の高所であった様で、平場・土塁・堀切等を備えた要害だったと言われる。現在は遺構は完全に湮滅しているが、公園は周りの住宅街より一段高い高台になっており、城地であった面影を残している。周辺の道路は、空堀跡なのかも知れない。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.30.39.7N35.20.28.6&ZM=9
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る