So-net無料ブログ作成

和田城(神奈川県三浦市) [古城めぐり(神奈川)]

DSC02501.JPG←和田城址碑
 和田城は、鎌倉幕府創業の功臣で初代侍所別当を勤めた和田小太郎義盛の居城である。義盛は、三浦義明の孫に当たり、従って三浦氏の一族である。義盛は16歳の秋に父を亡くすと、鎌倉杉本城から和田に移り、居館を築いたと言う。和田の地は三浦市域で最大の平野部の北側の丘の麓に当たり、三浦一族の食料庫開拓の拠点として館が構えられたらしい。義盛は、三浦半島有数の穀倉地帯となった和田を終生の根拠地と定め、合戦に臨んで多くの兵がこの地から出陣し、食糧が戦陣に送られるなど後方支援拠点として重要な役割を果たしたと言う。義盛は源頼朝の平家打倒の挙兵に従って功績を挙げ、従兄弟の三浦義村と共に幕府の重臣の列に連なった。1213年、2代執権北条義時との間に確執を生じ、義時の挑発に乗って北条氏打倒の兵を挙げた。しかしこの和田合戦で、同族の三浦義村に裏切られて敗北し、和田氏は鎌倉由比ガ浜で滅亡した。

 和田城は、相模湾岸にほど近い標高20mの台地上にあったが、現在は平塚農業高校初声分校や宅地・耕地に変貌している。遺構は完全に湮滅し、石碑と解説板が残っているだけである。尚、和田城址から400m東には「和田義盛旧里碑」が建っており、この地でその遺徳を深く尊崇されていることが窺われる。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.37.30.0N35.11.24.4&ZM=9
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る